新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井ダイレクト損保が事故対応コンテンツをリニューアル

三井ダイレクト損保は、8月17日Webサイトの「事故の発生から解決までの流れ」ページを拡充し、初期対応後の損害の確認や事故解決に向けての話し合いについてまとめたページを「物損の対応・おケガの対応」ページとしてリニューアルした。
万が一の事故の際に、お客さまがすぐに知りたい情報を集約し掲載することで、お客さまのニーズにお応えしていくことを目的としている。
「物損の対応」および「おケガの対応」それぞれについて、「単独事故」「相手方に責任のない加害事故」等の各局面における解決までの流れや活用できる特約について、イラストや表を交え分かりやすく紹介している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

アニコム損保、オンライン保険金請求サービスの提供を開始

損保

大同火災、インターネット事故受付(火災保険)をリリース

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

損保

三井ダイレクト損保、2024年3月期(2023年度)決算概況を発表

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

生保

ジブラルタ生命、「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」開催動物園・水族館をサポート

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

関連商品