シンニチ保険WEB

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保が事故対応サービス等において「14か国語対応」開始

三井住友海上およびあいおいニッセイ同和損保は、2017年8月1日から、事故対応や保険の相談・問い合わせ窓口における「14か国語対応」を開始した。
同サービスは、事故に遭われたお客さまや相手方、保険に関する相談・問い合わせをするお客さまで日本語によるコミュニケーションが困難な場合にも、通訳オペレータを介して多言語でのやり取りを可能とするもの。従来の4か国語から14か国語に拡充するほか、自動車保険のロードサービスにも新たに導入することで、より幅広いお客さまに利便性の高いサービスを提供する。
MS&ADインシュアランス グループは、今後もグループ一体となって外国人に安心と安全を提供すべく、さらなるサービス向上に努めるとしている。
■サービスの概要
お客さま、保険会社の担当者、通訳オペレータの三者が電話回線を同時接続し、お客さまと担当者が通訳オペレータを介して会話することで、リアルタイムでスムーズな対応を可能とする。
・対応言語 ―英語、中国語、ポルトガル語、韓国語、インドネシア語、タイ語、タガログ語、ベトナム語、ネパール語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ロシア語。
・開始日 ― 2017年8月1日
・対象種目 自動車保険、火災保険、傷害保険、新種保険
・対応拠点 ― 事故受付センター、全国の事故対応センター、コンタクトセンター、ロードサービスコールセンター
・対応時間
①事故受付センターおよびロードサービスコールセンター
英 語:全日24時間
英語以外:全日9時~22時
②全国の事故対応センター 平日9時~17時
コンタクトセンター
平日9時~20時(※1)、土日祝日9時~17時
(※1)あいおいニッセイ同和損保の平日の対応は19時まで。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマの契約者向けに「長く運転を楽しむため」のコンテンツを提供

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、「Transverse社」の買収手続き開始を決定

生保

ジブラルタ生命、新サービス「電子通知」を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、ダイハツと車両維持費低減と環境負荷軽減に向け共同取組み

生保

ソニー生命、「保険契約者代理請求人制度に関する特則」「後継年金受取人制度に関する特則」の取扱開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、8月1日付組織改編

生保

メットライフ生命、神戸市立高校の家庭科教職員向け金融教育研修を実施

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、災害対策支援保険を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、大規模災害時の迅速な避難を保険とアプリで支援

損保

セゾン自動車火災、NTTドコモのドライブレコーダーと連携した事故対応サービスを終了

関連商品