シンニチ保険WEB

三井住友海上がbitFlyerと仮装通貨決済サービスの提供に関わる損害賠償責任を補償する保険を共同開発

三井住友海上と㈱bitFlyerは、このほど、仮想通貨交換事業者(以下「事業者」)向けに、仮想通貨決済サービス(以下「決済サービス」)の提供に関わる損害賠償責任を補償する保険を共同開発した。
ビットコインをはじめとする仮想通貨市場は大きく成長しており、事業者の数も増加している。一方で、市場拡大に伴い悪意ある利用者による不正行為等も発生しており、決済サービスの提供先(以下「加盟店」)に対して安全なサービスの提供に向けた環境整備が事業者の課題となっている。
国内最大の仮想通貨取引所を運営するbitFlyerは、従来から一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)を通じて利用者保護の取り組みを推進してきたが、安心・安全な決済サービスのさらなる普及と発展を目的に、三井住友海上と連携して国内初となる事業者向け賠償責任保険を共同開発した。
■仮想通貨交換事業者向け賠償責任保険の特長
(1)決済サービスに関わる損害賠償責任を補償
事業者が提供する決済サービスにおいて、一部加盟店を対象に決済代金の未収が発生した場合やサービスの運営に関連して事業者が被る損害賠償責任を補償する。
(2)各種法定費用等の争訟費用を補償
決済サービスに関わる損害賠償責任の補償に加えて、弁護士および裁判に要する各種法定費用等の争訟費用も補償する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、デマンド交通を利用した「相乗り通勤」の実証実験を開始

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した「おくるま撮影サポート」サービスを開始

損保

三井住友海上、公立はこだて未来大学発AIスタートアップ「未来シェア」によるスマートモビリティの取組をサポート

損保

三井住友海上、「BEYOND STADIUM 2020」に参加

損保

三井住友海上、チャットボットによる自動車保険の住所変更手続きサービスを開始

損保

三井ダイレクト損保、お客さまセンター営業時間を変更

損保

三井住友海上、「2020グランドスラム・パリ」で鍋倉那美選手が準優勝

生保

マニュライフ生命、第14回全国高校生金融経済クイズ選手権エコノミクス甲子園全国大会大阪代表の大阪府立北野高等学校が初優勝

生保

生命保険文化センター、「生命保険と税金の知識」・「ライフプラン情報ブック」を改訂

損保

セゾン自動車火災、「AIによる自動応答サービス(AIチャットボット)」をリニューアル