シンニチ保険WEB

損保協会、創立100周年を記念して神田祭に参加

 日本損害保険協会では、5月29日の創立100周年を記念し、江戸三大祭の1つである神田祭に参加した。
 損保協会では、大きな賑わいを見せる5月14日の「神輿宮入」に際し、損保会館前で揃いの法被を身にまとった役職員41人が地域の人たちに飲み物をふるまったほか、協会創立100周年キャッチコピー「もっと安心、もっと安全」を記載したオリジナル団扇500枚を配布。
 神輿宮入の際は、職員有志が地元の神田淡路町二丁目の神輿をかつぎ、地域と一体となって神田祭を盛り上げた。また、神田明神の協力により損保会館前に神田祭の曳き物で有名な「大鯰と要石」を展示した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に19台を寄贈

損保協会・団体

損保協会、2021年度損害保険代理店統計

損保協会・団体

損保協会、「令和5年度税制改正要望」を決定

生保

太陽生命、JAPAN RUGBY CHALLENGE SERIES 2022へ特別協賛

損保

損保協会、協会長就任ステートメントを発表

損保協会・団体

損保協会、令和3年度損保決算概況を発表

生保

ソニー生命、「ソニー生命カップ第44回全国レディーステニス大会」に協賛

生保

大樹生命、FLAKE CUP 2022 JAPAN TOURへ協賛

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを公開

協会・団体損保

損保協会、損害保険の引受・支払実務における遺伝情報の取扱いを公表

関連商品