シンニチ保険WEB

損保協会、高齢者の交通事故特性を踏まえた啓発取り組み推進

 日本損害保険協会では、高齢者交通事故の防止・減少に向けた取り組みの一環として、公益財団法人交通事故総合分析センター(ITARDA)と連携して高齢運転者の交通事故に関する調査報告書を取りまとめた。この調査において、高齢運転者事故の特徴として、非高齢運転者と比べて出会い頭事故の割合が高いことなどが確認された。
 損保協会では、これまで高齢運転者の交通事故防止の取り組みを推進してきたが、今後、報告書の分析結果等を活用し、出会い頭事故の防止など交通事故の特性によりポイントを絞った高齢者向け交通安全啓発活動をさらに展開していくとしている。
◆高齢運転者事故の主な特性(ITARDA報告書から抜粋)
▽高齢運転者事故の発生状況
 高齢になるにつれて、交差点などで異なる方向から進行してきた車両同士が衝突する「出会い頭事故」を起こしやすくなる(出会い頭事故の割合:非高齢運転者23%→高齢運転者30%)。
▽高齢運転者の出会い頭事故の特徴
 出会い頭事故の65%が信号機なし交差点で発生。主な事故要因は加齢に伴う認知・身体機能の低下により、一時不停止や安全確認ミスを起こしやすくなることが考えられる。
▽対策のポイント
 一時停止を徹底するとともに、交差点内が目視できるところでもう一度停止・安全確認をしたり、安全な速度で通行することを心がける。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、「親子で学ぶ防災・減災ピクニック」を実施

損保

損保協会、第11次佐賀県交通安全計画(案)に意見表明

損保協会・団体

損保協会、2020年度損害保険代理店統計を発表

損保協会・団体

損保協会、第1回気候変動勉強会を開催

損保協会・団体

損保協会、「気候変動対応方針」を策定

損保協会・団体

損保協会、協会長就任ステートメントを発表

損保協会・団体

損保協会、役員改選を発表

損保協会・団体

損保協会、有識者等による金融経済教育、損害保険教育の必要性に関するインタビュー動画を公開

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、山口県上関町に軽消防自動車を贈呈

関連商品