シンニチ保険WEB

鳥取県中部地震による地震保険金支払い約37億円、損保協会まとめ

 日本損害保険協会は12月15日、11月30日現在の平成28年鳥取県中部地震に係る地震保険の支払件数が4715件、支払保険金が36億9455万円になったと発表した(協会会員会社・非会員会社合計)。
 県別では、鳥取県が34億7133万円(5997件)、岡山県が7658万円(237件)、その他が1億4663万円(579件)となっている。なお、全体の事故受付件数は6813件、調査完了件数は5876件。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に19台を寄贈

損保協会・団体

損保協会、2021年度損害保険代理店統計

損保協会・団体

損保協会、「令和5年度税制改正要望」を決定

損保

損保協会、協会長就任ステートメントを発表

損保協会・団体

損保協会、令和3年度損保決算概況を発表

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを公開

損保協会・団体

損保協会、損害保険の引受・支払実務における遺伝情報の取扱いを公表

損保

損保協会、令和4年福島県沖を震源とする地震に係る地震保険の事故受付件数(2022年3月31日現在)を発表

損保協会・団体

損保協会、2022年度全国統一防火標語は「お出かけは マスク戸締り 火の用心」

協会・団体損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

関連商品