新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、第13回ぼうさい探検隊マップコンクール入選を決定

 日本損害保険協会は、このほど第13回「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」の文部科学大臣賞[三重県鳥羽市安楽島子ども会「安楽島キッズ探検隊」(テーマ:防災)]をはじめとする入選17作品を決定した。今年度は、全国47都道府県の小学校や子ども会・児童館・少年消防団などから1万9158人の児童が参加し、2871作品が寄せられ、いずれも過去最多となった。
 第1回からの延べ参加児童総数が15万人を超えたことに加え、複数回応募団体の割合が全体の約6割を占めるなど、「ぼうさい探検隊」の取り組みがこの13年間で地域に定着してきている。
 今年度は、近年の自然災害に対する意識の高まりから、防災をテーマにした作品が多く寄せられたことが特徴。また、全体的に「安全な所」や「危険な所」を色で区別したり、各種マークの凡例を整理するなど、ビジュアル的にわかりやすく伝えるなどの工夫が見受けられた。
 なお、表彰式は来年1月21日に東京都千代田区の損保会館で開催する予定。
▽各テーマの作品の特徴
〇「防災」をテーマとした作品の特徴
 まちの消火器・消火栓・消防設備の点検にとどまらず、防災訓練などを盛り込み、総合的な防災学習として取り組んでいる団体が多くあった。また、津波を警戒して海抜や浸水範囲、高台へ逃げるルートを確認している作品もあった。
〇「防犯」をテーマとした作品の特徴
 「子ども110番」の家・店、死角エリアをマップにまとめた作品が多くあった。また、「い・か・の・お・す・し」(防犯標語「いかない」「のらない」「おおきな声で呼ぶ」「すぐ逃げる」「しらせる」のこと)を紹介するなど、不審者への注意を促す作品もあった。
〇「交通事故」をテーマとした作品の特徴
 自動車の交通量を調べた作品や、通学路の危険箇所を指摘し、道路横断時には左右の確認が欠かせないことを再確認する作品が多くあった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、損保各社に共有の「自動車保険の等級訂正を円滑に進めるための方策」の概要を発表

生損協会・団体

生保協会、損保協会、生保文化センター、保険教育に関する包括連携協定を締結

損保その他協会・団体

損保会社11社、損保協会およびTOPPANエッジ、保険料控除証明書発行に関する共同システムで2023年度の年末調整および確定申告に向けたサービス提供を開始

協会・団体損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保協会・団体

損保協会、23年度に発生した風水災に係る各種損害保険金の支払状況を公表

損保協会・団体

損保協会、「ビッグモーター社による保険金不正請求」および「保険料調整行為」に対する取組みを発表

協会・団体損保

損保協会、最新の「全国交通事故多発交差点マップ」を公表

損保協会・団体

損保協会、ビッグモーター社による不適切な保険金請求に関する特設ページを設置

損保協会・団体

損保協会、関東大震災から100年、地震への備えについて今一度見直すための新コンテンツ「地震被害チェッカー」公開

協会・団体損保

損保協会、関東大震災から100年を迎える2023年度の地震保険の新広報キャラクターに女優の黒木華さんを起用、新CM放映など地震保険広報活動を開始

関連商品