新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、業務災害総合保険で「健康経営優良法人認定割引」を導入

 東京海上日動は、「健康経営優良法人認定制度」の認定法人に対して、4月から「業務災害総合保険(超Tプロテクション)」において「健康経営優良法人認定割引」を導入する。
 東京海上グループの目指す「Good Company」を創る原点は「健康経営」そのものであるという理念のもと、健康増進、生活習慣改善、重症化予防、メンタルヘルス等の課題に対して施策を立て、取り組みを進めている。その結果、今年2月に東京海上ホールディングスは経済産業省・東京証券取引所の共同企画である「健康経営銘柄」に選定された。選定は1業種1社を原則とし、東京海上HDは2016年に続き、2年連続の選定(保険業)となる。
 また、東京海上HD、東京海上日動、東京海上日動あんしん生命は、今年からスタートした「健康経営優良法人・大規模法人部門(ホワイト500)」に認定されている。
 東京海上グループは、以前から安心と安全の観点から健康経営に係る各種ソリューションを提供しているが、グループで蓄積した経験やノウハウを活かすため、東京海上日動内にプロジェクトチームとして「健康経営タスクフォース」を設置し、「健康経営」を切り口とした新たなビジネスモデルの構築に取り組んでいる。今回、この取り組みの一環として、従業員が被った業務上の災害をカバーする「業務災害総合保険(超Tプロテクション)」において、経済産業省が創設した「健康経営優良法人認定制度」により認定を受けた法人に対して、4月1日始期契約から5%の割引(健康経営優良法人認定割引)を適用することにした。この割引は、健康経営優良法人の認定へのインセンティブであり、こうしたインセンティブは保険業界で初めてとなる。
 この割引は、日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会を契約者とした商工3団体の会員向け業務災害補償団体制度にも適用可能であり、東京海上日動は商工3団体と連携して、事業者に対する「健康経営」の周知啓発により一層取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

生保

アフラック生命、がん保険の累計支払金額が9兆円を突破

生保

チューリッヒ生命、低解約払戻金型終身保険「終身保険プラチナ」を発売

生保

アフラック生命、資産形成と保障のハイブリッドツミタスを発売

生保

太陽生命、SBI新生銀行を通じ、『長生きMy介護』の販売を開始

損保

アクサ損保、法人向け「アクサダイレクト総合自動車保険」を販売

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

SBI損保、仙台銀行で「介護保険」団体保険の案内開始

損保

東京海上日動とアニコムがペット保険を共同で販売

生保

日本生命、Jack Bunny!! Junior Golf  Tour2024に協賛~参加者に熱中症・インフルエンザ保障保険を提供

関連商品