シンニチ保険WEB

損保協会、17年度防火標語「火の用心 ことばを形に 習慣に」に決定

 日本損害保険協会は3月23日、2017年度の全国統一防火標語が、東京都の保岡直樹さんの作品「火の用心 ことばを形に 習慣に」に決まったと発表した。52回目となる全国統一防火標語の募集には、全国から1万9137点の応募があり、作家の石田衣良さんらが審査。
 損保協会では、女優の清原果耶さんをモデルに起用して、入選作品を掲載した2017年度全国統一防火ポスター(後援:消防庁、サイズ:B2判)を約20万枚制作し、消防庁の協力のもと、全国の消防署をはじめとする公共機関等に4月1日から1年間掲出される。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、2021年度損害保険代理店統計

損保協会・団体

損保協会、「令和5年度税制改正要望」を決定

損保

あいおいニッセイ同和損保、全国の消防組織にて大規模災害時の被災状況把握に【民間初】

損保

損保協会、協会長就任ステートメントを発表

損保協会・団体

損保協会、令和3年度損保決算概況を発表

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを公開

損保協会・団体

損保協会、損害保険の引受・支払実務における遺伝情報の取扱いを公表

損保

損保協会、令和4年福島県沖を震源とする地震に係る地震保険の事故受付件数(2022年3月31日現在)を発表

損保

あいおいニッセイ同和損保、防災・減災プラットフォーム「cmap」にWheeLogのバリアフリー情報を追加

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、先進気象データを活用した防災・減災サービスの共同開発を開始

関連商品