シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、米国のインキュベーター「Aging2.0」と提携

SOMPOホールディングスとSOMPOケアは、シニア市場に特化した米国のインキュベーター「Aging2.0」と日本企業初のプレミアムメンバーとして提携した。
また、SOMPOHD、SOMPOケア、Aging2.0、デジタルヘルスコネクト(インフォコム社が主催する日本初ヘルスケアITイノベーションプログラム)は、4者共同で、「“世界に誇れる豊かな長寿国日本”を実現するスタートアップビジネスコンテスト」を4月26日に東京で開催する。
▽Aging2.0との提携
超高齢社会が進展し、日本における介護事業の重要性が高まるなか、業界の課題とされているサービス品質・安全性の向上と介護職員の負担軽減を図る手段として、デジタル技術活用の重要性が増している。このような環境下、SOMPOHDとSOMPOケアは、超高齢社会向けのデジタル分野におけるインキュベーターである米国のAging2.0と提携。同インキュベーターとの提携は、日本企業としては初めてとなる。
この提携を契機に、日米を中心としたグローバルレベルでのスタートアップ(新しいビジネスを創造し、高い成長率を維持する事業体)の発掘、共同実証などを通じた育成、SOMPOHDが抱える介護サービスへの本格導入という、介護に携わるスタートアップのエコシステム構築を目指す。
Aging2.0は、超高齢社会における様々な課題に取り組む起業家を支援する「グローバルイノベーションプラットフォーム」。Aging2.0は、起業家と関連事業者などとのコミュニティー形成や起業プログラムの提供、イベントの開催等を通して、起業家を育成・支援している。
▽ビジネスコンテストの開催
4者共同主催により、世界に誇れる豊かな長寿国日本を実現するスタートアップを対象に、シニア向けビジネスサービスのコンテストを開催する。入賞したスタートアップは、サンフランシスコで開催されるAging2.0 OPTIMIZE 2017への招待や、SOMPOケアグループの介護現場における実証実験の権利が授与されるなど、世界各国のシニア向けビジネスサービスに関する情報収集や今後の自社サービスの技術向上の機会を得ることができる。
SOMPOHDとSOMPOケアは、このビジネスコンテストを皮切りに、日本および世界各国で選ばれたスタートアップとともに、介護業界の変革をグローバルで目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命、auじぶん銀行株式会社との団体信用生命保険に関する業務提携契約を締結

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、booost technologies株式会社と企業の脱炭素経営・気候変動対応のトータルサポートに向け業務提携

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、アスエネ株式会社と企業の脱炭素経営・気候変動対応のトータルサポートに向け業務提携

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

SOMPOホールディングス、元スピードスケート日本代表 髙木菜那氏を新アンバサダーに起用

損保

SOMPOホールディングス、自動運転ソフトウェア開発のティアフォーへ100億円の追加出資を実施

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、【国内初】「ビジネスと人権」に関する企業向けソリューションの提供

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

SOMPOホールディングス、「SOMPO気候アクション」の加速に向けた「NZIA:ネットゼロ・インシュランス・アライアンス」への加盟と取組方針を強化

損保

イーデザイン損保、エーザイと「脳の健康度(ブレインパフォーマンス)向上と安全運転」をテーマとした業務提携を開始

関連商品