新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SOMPOHD、お茶の水女子大学と包括連携協定を締結

SOMPOホールディングスは、お茶の水女子大学と「QOLの向上と健康寿命の延伸」「生涯学習社会の実現」を目的とした包括連携協定を締結した。今回の協定によって、(1)高齢者の運動・栄養に関する研究開発、(2)介護職員向け人材育成カリキュラムの開発、(3)女性リーダーの育成を中心に取り組みを行う予定。
お茶の水女子大学は、日本初の女性のための高等教育機関として1875年に設立されて以来、グローバルに活躍できる人材の育成に取り組み、2015年に「グローバル女性リーダー育成研究機構」を新設し、女性リーダー育成のさらなる機能強化を進めている。また、2016年には「ヒューマンライフイノベーション開発研究機構」を開設し、人間の心身の健康と生活環境の向上を意図したイノベーションを実現することを目指し、学際的な研究を進めている。
SOMPOHDグループでは、女性管理職比率2020年度30%の目標を掲げ、「女性経営塾」「プレ女性経営塾」「メンター制度」など女性リーダー育成の各種施策を展開している。また、2015年度には介護事業に本格参入し、「世界に誇れる豊かな長寿国日本」の実現の貢献に向け、業界を変革し、日本で最も信頼される介護ブランドの構築を目指している。
こうした両者の特徴や強みを生かしつつ、ビジネスリーダーとして活躍する女性の育成や、人々のQOLの向上・健康寿命の延伸に資する研究開発・人材育成等の分野において連携を図るため、今回、包括連携協定を締結することにした。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、座間市との『地域防災力向上及び災害時支援に関する連携協定』を締結

損保

SOMPOホールディングス、理系分野の女子学生育成に向けた取組み~「GirlsMeetSTEM事業」に参画~

損保

SOMPOホールディングス、日本女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」とタイトルパートナー契約締結

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOグループの芸術文化振興活動4件がメセナ活動認定制度「This is MECENAT2024」に認定

損保

SOMPOホールディングス、元なでしこジャパン岩渕真奈氏が新アンバサダーに就任

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

SOMPOホールディングス、資本業務提携に関する記者会見を開催

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、業務改善計画の進捗状況(開示事項の経過・2024年5月末時点)および保険料調整行為に関する社外調査委員会による調査報告書を受領

生保協会・団体

生保文化センター、2024年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

協会・団体生保

生保文化センター、2024年度研究助成成果論文表彰制度における受賞該当者を決定

関連商品