新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生協連、FSCジャパンが主催する「FSCエデュケーション・プログラム」および「第5回FSCアワード」に協賛

日本生協連は、FSC認証(※)を管理・運営する「FSCジャパン」が主催する、FSC認証の認知・理解促進、認証品の普及拡大を目的とした「FSCエデュケーション・プログラム」および「第5回FSCアワード」に協賛する。
※FSC認証とは:FSC(Forest Stewardship Council(R):森林管理協議会)は、 責任ある森林管理を世界に普及させることを目的とする、独立した非営利団体で、 国際森林認証制度を運営している。FSC認証は適切に管理された認証林や その他責任を持って調達された原材料で作られた製品に認証ラベルをつけて消費者に届ける仕組みである。
日本生協連では、コープ商品のめざす未来の一つに、「未来を担う人々も共感するCO・OP商品へ」を掲げており、未来を担う世代へ興味・関心を促す施策を行い、つながりを深めることを目標としている。2023年度のコープ商品のエシカル消費対応商品の供給金額(売上高)は前年比113%となる見込みとなっており、なかでもFSC認証商品は前年比114%と供給金額が伸長している。今後も、コープ商品のエシカル消費対応商品の強化に努めていく。
■FSCエデュケーション・プログラム
全国の中学校・高等学校の環境・社会問題に関心のある教員の方を対象に、FSCジャパンが作成した学習プログラムを申し込みのあった学校に無償提供し、授業でのFSC認証の理解を通じて、持続可能な環境や社会の実現に向けたアクションを促す。
■第5回FSCアワード
全国の中学生・高校生を対象に、FSCマーク普及の為のアクションを募集し表彰する。受賞したチームまたは個人をFSCジュニア・アンバサダーに任命し、各種メディアやイベントを通じた広報活動をFSCジャパンと共に実施する。「第5回FSCアワード」のエントリー受付を2024年4月1日(月)より開始する。
日本生協連では今後も、環境や社会に配慮し、引き続き持続可能な社会の実現を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dホールディングス、<設立20周年記念事業>「2024マスターズ・トーナメント」への番組協賛

損保

SBI損保、2024年5月19日開催「ホノルルトライアスロン2024」に協賛

生保

日本生命、2024年プロ野球「審判員ユニフォーム広告協賛」

生保

大樹生命、月間MVP賞今シーズンも協賛

生保

日本生協連、「老後」への意識についてのアンケート調査を実施

生保

ジブラルタ生命、小学生向け特別授業「ドリーム・スクール・キャラバン2024」に協賛

共済

日本生協連、2023年度「子どもの貧困」支援活動への応援助成贈呈式を開催

損保

共栄火災、共栄火災スポーツフェスタ「海の中道はるかぜマラソン大会」を開催

生保

日本生協連、「令和6年(2024年)能登半島地震」の被害に対する支援、仮設住宅約7500戸へコープ商品寄贈

生保

マニュライフ生命、第18回エコノミクス甲子園全国大会長崎大会代表の長崎県立佐世保北高等学校が初優勝

関連商品