新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI生命、Amazon KendraとGPT-4を組み合わせた新機能[コールセンターのオペレーター向けセルフボット]を開発

SBI生命は、Amazon Web Services(AWS)が提供する「AmazonKendra」※1に「GPT-4」※2を組み込んだコールセンター向けセルフボットを開発し、運用を開始した。
SBI生命は2022年7月にAWSが提供するAmazon Kendraによるセルフボット機能を社内のコールセンター業務に導入し運用を開始した。
この度の新機能は、コールセンターのオペレーターが直感的な言葉で検索をするとAmazon Kendraによる検索結果とGPT-4が検索結果を要約した回答を画面上に同時に表示する機能になる。 これにより、オペレーターは要約された回答をそのまま読み上げることで、よりスムーズなお客さま対応を実現するとともに、オペレーターの教育期間の短縮化も可能となるなど更なる業務効率化を見込んでいる。
引き続きSBI生命では生成系AI等の最新のテクノロジーを活用した革新的なサービスの開発に取り組んでいく。
(※1):AWSが提供するインテリジェント検索サービス
(※2):米OpenAIによって開発された大規模言語モデル
※AmazonWebServices(AWS)は、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標である。
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SBI生命、保険市場・2024年版最も選ばれた保険ランキングで「クリック定期!Neo」「SBI生命の終身医療保険Neo」「働く人のたより」が第1位を獲得し8冠

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

明治安田生命、生成AIを活用した社内業務の効率化・高度化の取組開始

生保

SBI生命、社内サービスデスク業務のAIオペレーター対応を開始、本人確認を声紋認証で行う仕組みも導入

生保

FWD生命、ライフスタイルアプリ「Omne by FWD」で24時間いつでも給付金請求が可能に

生保

SBI生命、就業不能保険“働く人のたより”が2024年オリコン顧客満足度(R)調査で4年連続就業不能保険総合1位を獲得

生保

朝日生命、「デジタル提案画面」の新規開発による新たな営業活動を展開

生保

日本生命、マイナポータル情報を活用した新契約加入時の提出書類電子化

生保

SBI生命、「あったらいいのに、保険に付帯するこんなサービス!」、大賞は「高齢者の保険内容の自動案内」

生保

朝日生命、最新の営業用PCを全営業職員へ導入

関連商品