新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、サステナビリティ課題解決1号ファンドへ投資

日本生命は、ニッセイ・キャピタルが設立したサステナビリティ課題解決1号ファンドに約30億円投資することを決定した。ニッセイ・キャピタルがサステナビリティの観点で社会貢献が期待されるスタートアップ等を主な投資対象とするファンドを設立するのは、今回が初めてとなる。
ニッセイ・キャピタルは、1991年に設立された日本生命グループのベンチャーキャピタルである。設立以来、主に国内の1,000社超のベンチャー企業へ投資を実施し、うち250社超のIPOを輩出するなど国内トップクラスの運用実績を誇っている。
気候変動問題などの社会課題を解決するには、「イノベーション」の促進を通じて個々の技術を社会実装させるなど、中長期の視点で企業のESG取り組みを後押しすることが重要となる。こうしたイノベーション関連の技術は、研究開発から社会実装まで多額の資金が必要となることや、将来的には大きな事業へと成長が期待されることから、今般、ニッセイ・キャピタルは当該領域に特化したファンドを設立することを決定した。
国内の多くのベンチャーキャピタルファンドは、ファンド期間を10年間程度とすることが一般的である。しかし、当ファンドは、当ファンドのリミテッド・パートナーである同社が長期の視点で資産運用を行う機関投資家であるという特性も活かし、SDGs面での社会貢献が期待される研究開発型のスタートアップを長期間にわたって支援するために、ファンド期間を18年に設定した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

プルデンシャル生命、グリーンボンド「日本郵船株式会社第48回無担保社債」に投資

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

日本生命、奈良県と「連携と協力に関する包括協定」を締結

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

生保

日本生命、一時保育マッチングサービス「ちょこいく」を事業化

生保

日本生命、2024年度入社式社長挨拶を公表

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

関連商品