新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、マルハニチロが発行するブルーボンドへ投資

日本生命は、マルハニチロが発行するブルーボンドに4億円投資した※。当案件は、本邦初のブルーボンド発行事例であり、同社にとっても初めてのブルーボンドへの投資となる。
ブルーボンドとは、調達された資金の使い道が、海洋生態系の保護や持続可能な水資源の利用といった、海洋・水関連の環境保護プロジェクトに限定される債券である。
当債券発行による調達資金は、環境持続型の漁業・養殖事業に充当される予定である。なお、マルハニチロが策定した当債券の発行に適用するブルーファイナンス・フレームワークは、国際資本市場協会(ICMA)の定める「グリーンボンド原則2021」、国際金融公社(IFC)の定める「Guidelines for Blue Finance」等との適合性について第三者意見を取得している。
同社は、生命保険会社としての使命や公共性を踏まえ、環境や地域・社会と共生し、経済・企業と安定的な成長を共有していく観点から、ESG投融資を強化しており、当債券への投資もその一つと位置付けている。
※ 同社はニッセイアセットマネジメントと投資一任契約を締結し、クレジット投資とオルタナティブ投資の機能を、ニッセイアセットマネジメントに移管している。
◆案件概要
・発行体名
マルハニチロ株式会社
・実行日
2022年10月27日
・同社投資額
4億円
・資金使途
環境持続型の漁業・養殖事業

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

日本生命、「ニッセイ・アルムナイネットワーク」が発足

生保

日本生命、株式会社第四北越フィナンシャルグループとの地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定を締結

生保

日本生命、よい仕事おこしフェア実行委員会との地域社会の発展に寄与するための「包括的連携に関する協定」を締結

関連商品