新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパンとSOMPOひまわり生命、川越市と地域の活性化と市民サービスの向上に関する包括連携協定を締結

損保ジャパンとSOMPOひまわり生命は、地域の活性化と市民サービスの向上に関する取組みにおいて、相互協力のもとに推進するため、市制施行100周年を迎える川越市と地域の活性化と市民サービス向上に関する包括連携協定を10月20日に締結した。
損保ジャパンおよびSOMPOひまわり生命は、お客さまの安心・安全・健康な暮らしを支える保険会社として、SDGsの取組みを推進している。そのための取組みとして、幅広いネットワークやリスク管理の専門的なノウハウを活かし、地域の活性化と市民サービスの向上に貢献するため、川越市に対して連携を提案した。8月に市民を対象とした親子の防災教室を開催したことや市民の健康増進や観光振興を目的とした散歩アプリ「Linkx aruku(リンククロス アルク)」との提携などを契機として、川越市と損保ジャパンおよびSOMPOひまわり生命が、本業を通して得た幅広いネットワークやリスク管理の専門的なノウハウを活かし、安心・安全・健康を支える地域貢献活動を連携して行うことを目的に、このたびの包括連携協定に至った。
◆協定の主な内容
(1)防災・減災に関すること
(2)交通安全・防犯に関すること
(3)健康増進の推進に関すること
(4)高齢者支援に関すること
(5)子育て支援に関すること
(6)観光振興に関すること
(7)その他、地域の活性化と市民サービスの向上に関すること

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

生保

SOMPOひまわり生命、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う情報漏えいが発覚

生保

アクサ生命、浜松市と健康経営の推進に関する連携協定を締結

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

生保

SOMPOひまわり生命、禁煙推進企業コンソーシアム主催「2024年世界禁煙デーイベント」に協賛

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

損保ジャパン、乗合代理店と保険会社間で発生した保険契約情報の不適切な情報管理が発覚

関連商品