新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ソニー生命、筑波大学が発行するサステナビリティボンドへ投資

ソニー生命は、筑波大学が発行するサステナビリティボンド(第1回国立大学法人筑波大学債券)への投資を決定した。
「サステナビリティボンド」とは、調達資金の使途が、①環境改善効果があること(グリーン性)及び、②社会的課題の解決に資するものであること(ソーシャル性)の双方を有する債券である。
筑波大学は、我が国の高等教育政策を直接担う国立大学であり、世界最先端の学術研究の成果を社会に還元し続けている。本債券への投資資金は、筑波大学が“GLOBAL TRUST”の創出を目標として掲げ、この目標の実現に向けた基本的な方針である「筑波大学 Vision2030」により、社会とともに新たな社会的価値に根ざした未来社会を創造するために取り組むプロジェクト(筑波大学社会的価値創造事業)に充当され、地球規模の課題であるカーボンニュートラルや国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた新たな社会的価値に根ざした未来社会の創造に繋がる。
◆本債券の概要
・銘柄
第1回国立大学法人筑波大学債券
・年限
40年
・発行総額
200億円

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

共済

日本生協連、全国生協とSDGsの実現を目指し「コープサステナブルアクション」第二弾を展開

生保

ソニー生命、2023年度決算(案)を発表

生保

ソニー生命、2024年3月末経済価値ベースのEVを開示

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

生保

朝日生命、KXリニューアブルエナジー1号に投資

生保

明治安田生命、新興運用会社が運用するエンゲージメントファンドに投資

生保

住友生命、ニュートン・インベストメント・パートナーズが管理・運用する日本株ファンドに投資

関連商品