新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、再生可能エネルギーファンドへ投資

三井住友海上プライマリー生命は、Nuveen社傘下のGlennmont Partners社が運用する「再生可能エネルギー投資戦略」に40百万ユーロ(約56億円※1)の投資を決定した。本件は同社初の再生可能エネルギー特化型ファンドへの投資となる。
本投資戦略は、洋上・陸上風力、太陽光等の主要な再生可能エネルギーに関するプロジェクトに投資することで、再生可能エネルギーの拡大や温室効果ガス排出量の削減等に貢献するものである。また、欧州において金融機関を対象に持続可能性に関する情報開示を求める規則「SFDR」※2で定める3つの金融商品区分のうち、第9条に適合する、「ダークグリーン」と呼ばれる商品区分に分類される。
※1 1ユーロ=139.08円換算(9月26日時点)
※2 SFDR(Sustainable Finance Disclosure Regulation)は欧州委員会により2021年から適用が始まった、金融機関を対象に持続可能性に関する情報開示を求める規則である。金融商品を3つに区分し、第8条は「環境や社会の特性を促進する商品」が分類され、「ライトグリーン」と呼ばれている。第9条では社会的な問題の解決に寄与するインパクト投資など「サステナブルな投資を目的とする商品」が分類され、「ダークグリーン」と呼ばれている。
後者は社会的な効果について数値化して発表されることが求められることから、より明確に「投資によって持続的な社会の発展に寄与する」というESG投資の目的に適した商品となる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、日本トムソン向けスミセイ・サステナビリティ・リンク・ローンを実行

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

生保

三井住友海上プライマリー生命、信用金庫の業界制度商品に『しんきんらいふ終身MSP<しあわせ、ずっと3>』、『しんきんらいふ終身MSP<おおきな、まごころ2>』を追加

生保

三井住友海上プライマリー生命、2023年度末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

生保

三井住友海上プライマリー生命、2023年度決算を発表

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

生保

朝日生命、KXリニューアブルエナジー1号に投資

生保

三井住友海上プライマリー生命、生存保障重視型平準払個人年金保険(利率変動型)『あしたも充実2』を発売

生保

明治安田生命、新興運用会社が運用するエンゲージメントファンドに投資

関連商品