新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

太陽生命は、ESG投融資の一環として、日本高速道路保有・債務返済機構が発行するソーシャルボンドへの投資を決定した。
今般、同社が投資する本債券の調達資金は、同機構が担う高速道路事業における債務のリファイナンスに充当され、「持続可能で強靭な国土の形成」、「地方創成・地域活性化」という社会的課題の解決に活用される。
なお、本債券は株式会社格付投資情報センターR&Iより、セカンド・パーティ・オピニオンを取得し、国際資本市場協会(ICMA)が定義する「ソーシャルボンド原則2021」および金融庁が定義する「ソーシャルボンドガイドライン」に適合していると認められている。◆概要
・発行体
日本高速道路保有・債務返済機構
・名称
ソーシャルボンド(MOODY’s格付:A1、R&I格付:AA+)
・発行総額
150億円
・償還期間
20年

関連記事(保険業界ニュース)

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

生保

太陽生命、森林(もり)、『森林教室』実施

生保

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」で複合施設渋谷アクシュを7月8日開業

生保

T&Dホールディングス、2024年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示

生保

太陽生命、SBI新生銀行を通じ、『長生きMy介護』の販売を開始

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

生保

朝日生命、KXリニューアブルエナジー1号に投資

生保

太陽生命、NTTCom、生成AIを活用したアバターによる生命保険募集の共同実証実験を実施

生保

明治安田生命、新興運用会社が運用するエンゲージメントファンドに投資

関連商品