シンニチ保険WEB

ソニー生命、三菱地所が発行するサステナビリティ・リンク・ボンドへ投資

ソニー生命は、三菱地所が発行するサステナビリティ・リンク・ボンドへの投資を決定した。
「サステナビリティ・リンク・ボンド」とは、企業が事前に設定したサステナビリティ目標の達成状況に応じて財務的・構造的に変化する可能性のある債券のことである。本債券の発行に際し、三菱地所は「三菱地所Sustainability Vision 2050-Linked Bond Framework」(以下、本フレームワーク)を策定し、本フレームワークと「ICMA サステナビリティ・リンク・ボンド原則 2020」及び「環境省グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン 2020年版」への適合性について、第三者評価機関である日本格付研究所より第三者意見を取得している。
◆本債券の概要
・発行体
三菱地所株式会社
・年限/発行額
5年債/200億円、30年債/200億円
・発行日
2022年7月22日
・SPTs※
<SPT1>
2025年度に再生可能エネルギー由来の電力比率100%を達成
<SPT2-1>
2030年度にスコープ1、2の合計を70%以上、スコープ3を50%以上削減(2019年度基準)
<SPT2-2>
2050年にネットゼロ達成
<SPT3>
2050年度に女性管理職比率40%を達成
※ サステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット。発行体が表明する、事前に設定した時間軸におけるKPIの測定可能な改善目標

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「エデュケーション・ボンド」に投資

損保

損保ジャパン、世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

生保

ソニー生命、「保険契約者代理請求人制度に関する特則」「後継年金受取人制度に関する特則」の取扱開始

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

ソニー生命、「NTT コム オンライン NPS(R)ベンチマーク調査2022」の2部門で第1位を受賞

生保

住友生命、野村アセットマネジメントが運用する「グローバル・サステナブル・エクイティ・オープン投信」へ投資

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資