シンニチ保険WEB

朝日生命、「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

朝日生命は、世界銀行(正式名称:国際復興開発銀行(IBRD)、ムーディーズ:Aaa、スタンダード&プアーズ:AAA)が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」(以下「本債券」)への投資を行った。
<本債券への投資の背景>
2021年11月に開催された国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(以下、「COP26」)が採択したグラスゴー気候合意では、2020年までに年間1,000億米ドルを共同で動員するという先進締約国の目標がまだ達成されていないことに深い憂慮が表明され、1,000億米ドルの実施目標を早急に、かつ2025年までに完全に達成することを先進締約国に強く求めた。日本政府は、2021年から2025年までの5年間において、官民合わせて6.5兆円相当の気候変動に関する支援を既に発表していたが、COP26において新たに5年間で官民合わせて最大100億ドルの追加支援の用意を表明した。
本件は、日本の生命保険会社が気候変動対策の緊急性を改めて世界に提起する共同投資となる。サステナブル・ディベロップメント・ボンドは世界銀行の「気候変動行動計画」と、途上国の気候変動対策における「経済全体へのアプローチ」を後押しする。これまでのグリーンプロジェクトだけではなく、より広範な分野のプロジェクトでの気候変動対策強化へも支援を拡大している。
【債券概要】
発行体名称  国際復興開発銀行(IBRD)
発行形式  サステナブル・ディベロップメント・ボンド
投資金額  55百万豪ドル(約51億円)
償還期間  8年
主幹事   Citigroup Global Markets Limited
同社は、中期経営計画「Advance~The road to 2030~」で持続可能な社会の実現に貢献し、社会への責任を果たしていくことを目指しており、今後もESG投融資を一層推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

朝日生命、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」に基づく取組結果等を公表

生保

第一フロンティア生命、アジア初:国際農業開発基金(IFAD)が発行するSDGs債に投資

生保

朝日生命、新作CM“あんしん介護「ロゴハーモニー」篇”を6月18日(土)より全国放映

生保

第一生命、WASSHAへ投資

生保

T&Dフィナンシャル生命、中米経済統合銀行のソーシャルボンドに投資

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命、日本取引所グループが発行するグリーン・デジタル・トラック・ボンドに投資

生保

太陽生命、「戸田建設株式会社」が発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」への投資を実施

生保

明治安田生命、中米経済統合銀行が発行する「ソーシャルボンド」に投資