シンニチ保険WEB

朝日生命、カーボンニュートラルファンドに投資

朝日生命は、再生可能エネルギー(以下「再エネ」)発電事業に投資する、Zエナジー株式会社(以下「Zエナジー」)が運営する「カーボンニュートラルファンド1号投資事業有限責任組合」(以下、「本ファンド」)への投資を決定した。
本ファンドは、再エネ電力を「つくる」発電事業に投資するだけでなく、投資先の発電施設で発電した再エネ電力を、同社を含む本ファンドの出資者に供給し、「つかう」ところまで一気通貫で行うことが特徴となっている。
また、本ファンドは、2021年12月6日に環境省の「グリーンファイナンスモデル事例創出事業」における国内初のモデル事例としてインパクト・ファイナンス(インパクト特定型)に認定されている。
<プロジェクトの概要>
名称  カーボンニュートラルファンド1号投資事業有限責任組合
運営会社  Zエナジー株式会社
設立日  2021年12月17日
投資対象  日本国内においてFIT制度の適用を受ける再エネ発電事業
存続期間  原則25年
同社は、中期経営計画「Advance~Theroadto2030~」で、持続可能な社会の実現に貢献し、社会への責任を果たしていくことを目指しており、資産運用面においてこれまでもグリーンボンドや太陽光発電事業を中心とした再生可能エネルギー分野への投融資を行ってきた。本ファンドへの投資は、同社としては初めての「インパクト・ファイナンス」への取組となる。
同社は今後も、脱炭素社会の実現に向けたESG投融資を一層推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「エデュケーション・ボンド」に投資

損保

損保ジャパン、世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

住友生命、野村アセットマネジメントが運用する「グローバル・サステナブル・エクイティ・オープン投信」へ投資

生保

朝日生命、東京大学との共同研究 社会連携講座「糖尿病・生活習慣病予防講座」の研究論文が複数の医学誌に掲載

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資

生保

三井住友海上あいおい生命、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資

損保

セゾン自動車火災、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資