シンニチ保険WEB

日本生協連、2021年度 全国生協組合員意識調査

日本生協連は、この度「2021年度 全国生協組合員意識調査」の報告書概要版を取りまとめた。
日本生協連では、くらしや購買に関する意識・行動など生活者の実情について明らかにすることを目指し、1994年度から3年ごとに本調査を実施している。(有効回答数:5,478件)
調査結果の主なトピック
【新型コロナによるくらしの変化】
■新型コロナ流行前後の商品・サービスの購入姿勢は、過半数が「ほとんど変化なし」。子育て世帯では積極化の傾向
■新型コロナ流行前後の変化は「ストレスを感じることが増えた」が最多の54.7%。
「食事の栄養バランスに気を遣うようになった」(25.0%)など食生活や「家族と話す時間が増えた」(20.6%)など家族間のコミュニケーションの変化も
【インターネットの利用状況】
■在宅時間増や通販サイト多様化の影響か、ネットでの購入頻度は全体的に高まる。
30代以下のネットでの買い物頻度は「月1日以上」が8割、「週4日以上」も1割
■「ネットのニュース」による情報収集が全世代で増加。30代・40代では「テレビ」「新聞」を上回り最多

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、『人気犬種ランキング2022』を発表

生保

アフラック生命、新型コロナウイルス感染症拡大が及ぼしたがん患者への影響調査の結果を公表

生保

日本生命、インターネットアンケート「2021年の振り返りと新年への期待」実施

損保

SOMPOホールディングス、「仕事に対する価値観の変容に関する意識調査」を実施

損保

SOMPOホールディングス、「幸福度(Wellbeing)の変容に関する意識調査」を実施

生保

ジブラルタ生命、「家族愛に関する調査2021」を実施

生保

大同生命、「中小企業における仕事と介護の両立支援」について調査レポートを公表

生保

カーディフ生命、「第3回生活価値観・住まいに関する意識調査」を実施

損保

セゾン自動車火災、「車の利用に関するアンケート」を実施

生保

アクサ生命、金融リテラシーと健康リテラシーに関する意識調査の結果を公表

関連商品