シンニチ保険WEB

アクサ生命、アクサ損保、LGBTQ+に関する取組み指標「PRIDE指標」の「ゴールド」を受賞

アクサ生命ならびにアクサ損保(以下「アクサダイレクト」)は、2021年11月11日、LGBTQなどのセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBTQ+)への取組みの評価指標「PRIDE指標」※において、最上位の「ゴールド」を昨年に続いて同時に受賞した。
※ 任意団体「workwithPride」が、企業・団体などの枠組みを超えて、LGBTQの方々が働きやすい職場づくりを日本で実現することを目指し、2016年6月に策定した指標。
アクサは、お客さまに寄り添う企業として、多様化するニーズに応えるためには多様な従業員のアイデアを商品やサービスに活かすことが大切であると考え、イベント開催や好事例の共有をグループ会社間で積極的に行うことで、インクルージョン&ダイバーシティの取組みを推進している。
アクサ生命、アクサダイレクトを傘下に持つアクサ・ホールディングス・ジャパンは今年、オンライン開催された「性」と「生」の多様性を祝福するイベント、「東京レインボープライド」にスポンサーとして参加し、従業員ネットワークの「アクサ・プライド・ジャパン」と「LGBTQ+Allies@ADJ」が主体となって共同でオンラインブースを出展した。オンラインブースでは、アクサ・ホールディングス・ジャパン傘下企業のLGBTQ+関連の取組みを紹介し、LGBTQ+コミュニティへのサポートを改めて表明した。同時に、上記従業員の自主運営グループが中心となって、自社の公式ホームページにLGBTQ+に関する制度や取組み、従業員の声などをまとめて紹介している。
また、すべての人々が平等である社会の確立を支援する立場から、同性婚の法制化を目指すビジネス・フォー・マリッジ・イクオリティ(Business for Marriage Equality)のキャンペーンに賛同した。
さらに、社内においても、5月17日の「国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日」を記念して、特定非営利活動法人東京レインボープライドの共同代表であり、トランスジェンダーの活動家である杉山文野氏を招いたセミナーを実施、10月14日には日本のアクサグループで開催したインクルージョンカンファレンスにおいて、「アクサ・プライド・ジャパン」の企画で2人のドラァグクイーンの話を聞き、「普通とは何であるか?」といったセッションを開催するなど、従業員に対する啓発も継続している。
会社としての取組みに加え、役員をはじめ、従業員の個人レベルでの活動も活発に行っており、対外的に貢献が認められている。その一例として、アクサ・ホールディングス・ジャパンの代表取締役社長兼CEOである安渕氏が、英国のインクルージョン&ダイバーシティ推進団体であるINvolve社が主催する「2021アウトスタンディングLGBT+ロールモデルリスト(2021 OUTstanding LGBT+ Role Model Lists)」において、LGBTQ+を支援するアライエグゼクティブとして昨年に引き続き選出され、世界7位にランクインしたことが2021年11月10日に発表された。「2021アウトスタンディングLGBT+ロールモデルリスト」は、インクルージョン&ダイバーシティの分野で卓越した成果を挙げた世界のリーダーを「INvolve」がロールモデルリストとして選出し、その功績を称える取り組みである。
アクサグループレベルでは、変化する社会の中で誰も取り残さないインクルーシブな企業であり続けるために、本年5月に「アクサ・インクルージョン&ダイバーシティ・ポリシー」の改定を10年ぶりに実施した。LGBTQ+当事者のインクルージョンは、その中の重点項目と位置付けられており、LGBTQ+コミュニティへのサポートを明確に打ち出している。また、アジア地域ではLGBTQ+のメンタルヘルスリサーチを行うなど、LGBTQ+コミュニティの理解促進を図る取組みを実施し、多面的なアプローチでインクルージョンを推進している。
今後も会社と従業員が一体となり、「すべての人々のより良い未来のために。私たちはみなさんの大切なものを守ります。」というパーパスのもと、日々変化するお客さまの多様なニーズや課題に応え、すべての人々が属性にかかわらず自分らしく人生を享受できる社会を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、サポートセンター認証制度の最高峰であるHDI七つ星に認定

生保

オリックス生命、女性活躍推進企業として「えるぼし」の最高位三つ星を取得

生保

住友生命、令和3年度消費者志向経営優良事例表彰で消費者庁長官表彰を受賞

損保

東京海上日動、第7回サステナブルファイナンス大賞「優秀賞」を受賞

生保

PGF生命、第三者評価を取得

損保

ソニー損保、J.D.パワーの3つの顧客満足度調査で第1位受賞

生保

FWD生命、2022年オリコン顧客満足度調査において、『FWD収入保障』が1位、『FWDがんベスト・ゴールド』が2位、また生命保険会社として3位に選出

生保

チューリッヒ生命、日本テレワーク協会「テレワーク推進賞」において「奨励賞」を受賞

生保

ネオファースト生命、HDI格付けベンチマーク「クオリティ」格付けにおいて15年連続で『三つ星』を獲得

生保

メディケア生命、保険商品に対する第三者機関の評価を取得

関連商品