シンニチ保険WEB

太陽生命、「東京都住宅供給公社」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

太陽生命は、ESG投融資の一環として、東京都住宅供給公社(以下「同公社」)が発行するソーシャルボンド(以下「本債券」)への投資を決定した。
同社が投資する本債券の調達資金は、同公社の展開する住宅事業に活用され、少子高齢社会や環境問題への対応、防災性の向上、地域コミュニティの活性化など、東京都が抱える社会的課題の解決や、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも貢献する。
<本債券の発行概要>
発行体:東京都住宅供給公社(R&I格付け:AA)
名称:ソーシャルボンド
※国際資本市場協会(ICMA)が公表する「ソーシャルボンド原則」に準拠したソーシャルボンド
発行総額:180億円
償還期間:10年、20年、30年
SDGs:本債券によって調達された資金は、同公社の事業を通して、SDGsの下記目標の達成に貢献される。
同社は、2007年3月に日本の生命保険会社として初めて「責任投資原則(PRI)」(※)に署名し、環境(E)、社会(S)、企業統治(G)の課題に十分配慮し、持続可能な社会の実現に向けた資産運用を行っている。今後とも、責任ある機関投資家として、「T&D保険グループESG投資方針」に基づき、事業活動を通じて、社会的課題の解決に貢献する取組みを進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、ブルックフィールドが運用するインフラファンドへ投資

生保

太陽生命、くつきの森林(もり)『どんぐりプロジェクト植樹式』を実施

生保

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」新築工事に着手

生保

日本生命、脱炭素ファンドへのインパクトに投資

生保

太陽生命、企業・団体向け『団体入院一時金保険』を4月に発売

生保

太陽生命、2021年度版「健康スコアリングレポート」でTOP50位以内にランクイン

生保

太陽生命、「UCDAアワード2021」において「情報のわかりやすさ賞」「アナザーボイス賞」など3つの賞を受賞

生保

第一生命、不動産投資ファンドを通じた学生マンションおよび認可保育所へ投資

共済

JA共済連、ESG投資を実施

損保

日本地震再保険、SDGs債へ投資