シンニチ保険WEB

朝日生命、AIを活用した「推奨活動自動立案」を構築

朝日生命は、AIを活用した営業活動の効率向上の仕組みである「推奨活動自動立案」を構築した。
同社は中期経営計画「Advance-The road to 2030-」において、デジタル化に対応したDXを推進しており、データを重要な経営資源と位置付け、データを活用した営業活動の効率向上に取り組んでいる。
その取組みの一環として、AIを活用した「推奨活動自動立案」の仕組みを構築した。
◆内容
・「推奨活動自動立案」は、同社が保有する各種データ(お客様の年齢、世帯構成、既契約内容、手続き情報等)をAIが分析し、営業職員に訪問先の提案を行う仕組みである。
・お客様の対面・非対面の意向に応じ、営業職員が従来行っていた経験に基づく営業活動に加えて、データに基づく推奨活動の実践により営業活動の効率向上を図り、潜在化しているお客様ニーズや各種手続きに関する確認を通じたアフターフォローを推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

朝日生命、社内募金(「朝日の月」醵金)を寄付

損保

東京海上日動、AIを活用した自動車保険における不正請求の早期検知の取組み

生保

朝日生命、新潟県バイオマス発電事業へ投資

生保

三井住友海上プライマリー生命、360度動画を活用した体験型の研修手法を開発

損保

三井住友海上、AIドローンとチャットボットを活用した「水災デジタル調査」導入

生保

朝日生命、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」に基づく取組結果等を公表

生保

朝日生命、菅野美穂さん出演新作CM「介護の朝日」篇全国放映

損保

東京海上日動、東京海上グループのデータ活用を支えるインフラを強化

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、米国ContrastSecurity社のセキュリティソリューションを導入

生保

生保7社、2020年度決算(案)を発表