シンニチ保険WEB

SBI生命、「保険数理システム」を全面刷新

SBI生命は、保険数理システムを全面刷新し、6月より稼働を開始した。本取組みは、SBI生命が推進するDX(デジタルトランスフォーメーション)の一環として、現行システムの再構築により計算処理能力の大幅な向上を実現するものである。
◆「保険数理システム」刷新プロジェクトの特長
(1)開発期間は約6カ月
生命保険業における主要なシステムの一つである保険数理システムについて、約6カ月での短期間開発を実現した。コンバージョンツールを活用して既存プログラム資産を新たなプログラム言語に書き換えるなど作業量を圧縮するとともに、開発の早期段階から新プログラムの実行・検証環境を立ち上げ、処理実行からアウトプットデータの検証を自動化することで、さらなる開発期間の短縮を図った。
(2)計算処理能力は現行システム比で70倍以上に向上
膨大な契約データに対する責任準備金計算、予定事業費枠計算等の保険数理計算について、処理の効率化およびプロセスの最適化を実施し、計算処理能力で現行システム比70倍以上という大幅なパフォーマンス改善を実現した。
(3)DX(デジタルトランスフォーメーション)への取組
現行保険数理システム(レガシーシステム)の全面刷新を行う本取組みにより、今後のビジネス環境の変化に柔軟に対応することが可能となった。今後、次世代データウェアハウス(DWH)基盤のクラウド化や、AI等を活用した経営分析機能の導入等に素早く対応できる環境を順次整備していく予定である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、新決済サービス「TREEPAYMENT」のローンチについて発表

損保

損保ジャパン、「スマートシティにおける移動体搭載カメラ・AI画像認識による見守りの高度化」の実証事業企画が採択

損保

あいおいニッセイ同和損保、コンタクトセンター向け「メンタルヘルス支援サービス」を開発

生保

SBI生命、AI電話自動応答システムとRPAを活用し生命保険料控除証明書の再発行を完全自動化

生保

SBI生命、「契約内容のお知らせ」がUCDA認証「伝わるデザイン」を取得

損保

ジェイアイ傷害火災、海外からワンタップで日本につながる「t@bihoジャパンダイレクト」が登場

生保

SBI生命、2021年度第1四半期業績を発表

損保

あいおいニッセイ同和損保、リアルタイム被害予測ウェブサイト「cmap」に避難先情報を掲載

損保

東京海上日動、災害体験ARを開発

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、【業界初】AIを活用した建物損害額算出システムを導入