シンニチ保険WEB

朝日生命、日本医療研究開発機構(AMED)事業「女性の健康の包括的支援実用化研究事業(Wise)」に協力

朝日生命は、この度、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下AMED)が助成する「女性の健康の包括的支援実用化研究事業(Wise)」の、「プレコンセプション(妊娠前)の女性に着目した疾患予防に関する総合的ケア方法の確立」を目的とした「就労女性に対するリテラシー向上を目指した教育プログラムの開発と検証」に関する調査研究に協力することとする。
■研究事業協力の背景
同社は2006年より女性の活躍推進を目的として開始した「朝日生命ポジティブ・アクション」を通じ、働きやすい環境整備、活躍フィールド拡大、および本人の意欲喚起に向けた取組み等を講じてきた結果、女性リーダー比率は2020年度始28%となった。(目標:2020年度末30%程度)更なる女性の活躍推進をすすめていくには、女性従業員自身の健康増進および男性従業員の理解促進といった心理的サポートを強化していくことが必要であると認識しており、「日本医療研究開発機構(AMED)」にて展開しているプロジェクトの趣旨に賛同し、調査協力することとした。
今回の研究事業協力により、女性がより良い生涯を選択するための健康を提供できるような社会の実現に貢献していく。
■研究事業の概要
・研究課題:就労女性の健康に関するリテラシー向上を目指した教育プログラムの開発と検証
・研究目的:就労女性の健康管理に関する国民のヘルスリテラシーを効果的に向上させるための教育プログラムとして開発した講義の効果を測定、教育介入の普及のために必要な要素の探索
・調査期間:2020年10月頃~2021年3月頃予定
・調査対象:職員約4,300名※他民間企業4社
・調査方法:教育プログラムの動画講義およびアンケート調査
・研究者情報(敬称略):代表者甲賀かをり(東京大学大学院医学系研究科産婦人科学准教授) 担当者/研究分担者今村優子(特定非営利活動法人日本医療政策機構マネージャー)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

朝日生命、ミローバ社が運用するサステナブル株式ファンドに投資

損保

三井住友海上、ドライブレコーダーを活用した社会インフラメンテナンス支援に向けた実証実験開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、上智大学と共同で多文化共生社会研究所を設置

生保

生保各社、東京大学が発行する「ソーシャルボンド」に投資

生保

朝日生命、インターネット専用保険「認知症介護一時金保険D」・「生活習慣病一時金保険D」を発売

生保

朝日生命、アフラック生命、住友生命、第一生命、大同生命、太陽生命、日本生命、明治安田生命、生命保険料控除証明書を電子化

生保

生保8社、マイナポータルを活用した年末調整および所得税確定申告における生命保険料控除証明書の電子化を実施

生保

朝日生命、「引受基準緩和型通院保障特約」「引受基準緩和型手術サポート特約」の発売を開始

生保

朝日生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

朝日生命、社内募金(「朝日の月」醵金)を寄付

関連商品