シンニチ保険WEB

ニッセイ・ウェルス生命、「新型コロナウイルス感染症」に罹患したお客さまの災害死亡保険金等の特別取り扱いを実施

ニッセイ・ウェルス生命は、「新型コロナウイルス感染症」に罹患したお客さまへの災害死亡保険金等の支払いについて、「新型コロナウイルス感染症」を直接の原因として死亡した場合などにも、「災害割増特約」「傷害特約」等(以下、「災害割増特約等」)の支払いの対象として取り扱う。
併せて、特別条件のうち保険金削減支払法等において「新型コロナウイルス感染症」を直接の原因として支払事由に該当した場合にも、保険金削減等を行わない取り扱いに変更する。
○対応の背景
同社では、不慮の事故を直接の原因として死亡した場合などに死亡保険金等を割り増しして支払う災害割増特約等を取り扱っており(注)、これらの商品では「不慮の事故」と同様、急激・偶発・外来による事故を保障するといった災害保障の概念に合致する「約款所定の感染症」を支払い対象としている。一方、「新型コロナウイルス感染症」は約款所定の感染症に該当しないため、災害割増特約等における災害死亡保険金等の支払い対象ではなかった。
今般、政令にて「新型コロナウイルス感染症」が指定感染症に定められたこと、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、4月7日に緊急事態宣言が発令されたことなどから、「新型コロナウイルス感染症」は約款所定の感染症と同様に、災害保障の概念に合致すると考え、同社の保有契約全体に与える影響を勘案のうえ、「新型コロナウイルス感染症」を直接の原因として死亡した場合などにも、災害死亡保険金等を支払うことにした(併せて、特別条件における保険金削減支払法および特定疾病・部位不担保法等がある個別保険において「新型コロナウイルス感染症」を直接の原因として保険金・給付金の支払事由に該当した場合には、保険金削減・給付金不支払を行わない取り扱いに変更する)。
(注 一部商品を除き現在は販売していない)
○新型コロナウイルス感染症に関する各種取扱いについて
https://www.nw-life.co.jp/news/info/pdf/i200317.pdf
○新型コロナウイルス感染症に罹患されたお客さまへの保険金・給付金のお支払いについて
https://www.nw-life.co.jp/news/info/pdf/i200409_2.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命など4社が2021年度(2021年4月1日~2022年3月31日)の決算を発表

生保

ニッセイ・ウェルス生命、紀陽銀行・七十七銀行、福井銀行を通じ『はじめての介護』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、山陰合同銀行・富山銀行を通じ、『みらいのみまもり』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、HDI格付けベンチマーク「クオリティ」格付けで最高評価の『三つ星』を獲得

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『悠々時間アドバンス plus』、『悠々時間アドバンス 2plus』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、いちよし証券を通じ『悠々時間プレミアム2(円建/米ドル建/豪ドル建)』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、東海東京証券を通じ『悠々時間プレミアム2(円建/米ドル建/豪ドル建)』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を通じ『エムソリューションⅣ 年金型』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、きらぼし銀行にて『みらいのみまもり』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、北洋銀行を通じ『みらいのみまもり』を販売開始