シンニチ保険WEB

ソニー生命、東日本旅客鉄道株式会社が発行する「サステナビリティボンド」へ投資

ソニー生命は、資産運用を通じた社会貢献への取組みとして、2020年1月に東日本旅客鉄道株式会社が発行するサステナビリティボンド(10 年債:発行総額 300 億円)に投資した。ソニー生命のサステナビリティボンドへの投資は今回が初めて。
サステナビリティボンドは、その調達資金の手取金全額がグリーンプロジェクト(環境改善効果のある事業)及びソーシャルプロジェクト(社会的課題の解決を目的とする活動)に充てられる債券。東日本旅客鉄道が今般発行するサステナビリティボンドは、第三者評価として株式会社格付投資情報センター(R&I)より、国際資本市場協会(ICMA)の「サステナビリティボンド・ガイドライン 2018」に適合している旨のセカンドオピニオンを取得している。
東日本旅客鉄道株式会社のサステナビリティボンド発行による調達資金は、E235系車両(横須賀・総武快速線)及び交流蓄電池電車EV-E801系(男鹿線)にかかる投資資金に全額充当される。
ソニー生命は、生命保険会社としての社会的使命を全うし持続可能な社会の実現を目指すことを目的として、社会貢献活動に率先して取り組んでいる。資産運用においても、長期的に安心を提供するという生命保険会社の役割に照らし、持続可能な国際社会づくりに貢献することで社会的責任を果たしていきたいと考えている。
<本債券の概要>
債券名:東日本旅客鉄道株式会社第 1 回サステナビリティボンド・無担保普通社債(社債間限定同順位特約付)
発行体:東日本旅客鉄道株式会社(R&I 格付け:AA+)
償還年限:10 年
発行総額:300 億円
利率:0.220%

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、西アフリカ諸国向けのインフラ資金融資

生保

第一生命、株式運用におけるESG投資の高度化

生保

ソニー生命、子どもの教育資金に関する調査2020

生保

第一生命、国内生保初となるポジティブ・インパクト・ファイナンスに融資

生保

第一生命、「機関投資家協働対話フォーラム」が主宰する協働エンゲージメント・プログラムに参加

生保

住友生命、株式会社SUBARU向けのシンジケートローン「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」に参加

生保

ソニー生命、カスタマーセンターで手話・筆談サービスを開始

生保

ソニー生命、コロナウイルス感染症の影響を受けた顧客への契約者貸付の特別取扱について発表

生保

朝日生命、学研ホールディングスが発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

ソニー生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

関連商品