シンニチ保険WEB

朝日生命、独立行政法人住宅金融支援機構が発行する「グリーンボンド」へ投資

朝日生命は、ESG投融資の一環として、2020年1月に独立行政法人住宅金融支援機構が発行する「グリーンボンド」への投資を行った。
「グリーンボンド」とは、再生可能エネルギーの活用や省エネルギー性の向上といった環境改善効果のある事業(グリーンプロジェクト)の資金を調達するために発行される債券のこと。住宅金融支援機構では、省エネルギー性や耐震性など質の高い住宅を取得する場合に、借入金利を一定期間引き下げる【フラット35】Sを実施している。本債券は、【フラット35】Sの技術基準を満たす住宅のうち「省エネルギー性に優れた新築住宅」を対象とした住宅ローン債権の買取代金を資金使途としたものとなる。
同社は、中期経営計画「TRY NEXT ~ 成長を実現し、未来を創る~」において、CSR活動を通じ、国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)達成への貢献を図る等、社会貢献へ取組むこととしている。
<本債券の概要>
債券名称:一般担保住宅金融支援機構債券(グリーンボンド)
発行総額:100億円
償還期間:20年

関連記事(保険業界ニュース)

生保

朝日生命、2019年度第3四半期の業績を発表

生保

第一生命、「北海道内7空港特定運営事業等」に対するプロジェクトファイナンスに投資

損保

東京海上ホールディングス、自己株式を取得

生保

第一生命、国内初となる洋上風力発電事業向けのプロジェクトファイナンスへの投資

生保

富国生命、オンコロジー・インパクト・グローバル株式ファンドへ投資

生保

富国生命、世界銀行の「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

ソニー生命、東日本旅客鉄道株式会社が発行する「サステナビリティボンド」へ投資

生保

明治安田生命、トーゴ共和国向けの投資を実施

生保

大同生命、西アフリカのトーゴ政府向けの投資を実行

生保

明治安田生命、「北海道内7空港特定運営事業等」に関するシンジケート・ローンへ参加

関連商品