シンニチ保険WEB

日本生命、レゾリューションライフ・エルピーへ投資

日本生命は、投資事業有限責任組合レゾリューションライフ・エルピー(以下「当ファンド」)に対し、今般、リミテッドパートナー※として、コミットメントの一部である約157百万米ドル(約171億円)の投資を実施した。
※組合運営に関して全責任を負うゼネラルパートナー(GP)に対して、リミテッドパートナー(LP)は、責任が出資額に限定される有限責任組合員のこと
当ファンドは、グローバルに既契約を受託する保険会社レゾリューションライフ(創業者兼会長:クライブ・カウダリー)が事業運営に必要な資金を機関投資家等から募集するためのものであり、複数の大手金融機関等が投資している。
同社は、生命保険会社の社会的使命として、お客様の保障責任を全うし、安心を提供できるよう収益性向上に努めており、今回の投資もその一環。また、レゾリューションライフが有するノウハウの獲得を通じて、同社グループの取組高度化を図っていく。
<当ファンドの概要>
名称:レゾリューションライフ・エルピー(Resolution Life Group Holdings L.P.)
組成年月日:2017年12月7日
所在地:バミューダ諸島
運用責任者:クライブ・カウダリー(Sir Clive Cowdery)
投資家:海外機関投資家等

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、東日本旅客鉄道株式会社が発行する「サステナビリティボンド」へ投資

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債の発行

生保

日本生命、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」・「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」の「先進医療」からの削除(見込)について発表

生保

朝日生命、独立行政法人住宅金融支援機構が発行する「グリーンボンド」へ投資

生保

日本生命、2020年社長年頭挨拶を公表

生保

日本生命、新WebCM“「老後資金3分法」編”公開

生保

日本生命と大樹生命、日本生命グループの資産運用態勢高度化に向け資産運用機能の一部をニッセイアセットへ移管

生保

日本生命、大阪市北区の中之島4丁目用地における未来医療国際拠点整備・運営事業へ参画

生保

明治安田生命、トーゴ共和国向けの投資を実施

生保

大同生命、西アフリカのトーゴ政府向けの投資を実行

関連商品