シンニチ保険WEB

太陽生命、保有不動産を活用した老人ホーム(第3弾)を竣工

太陽生命は、埼玉県さいたま市において、老人ホーム「浦和成匠邸」を竣工した。
同社は、2016年より「健康寿命の延伸」という社会的課題にこたえるため、「従業員」「お客様」「社会」を元気にする取組み、『太陽の元気プロジェクト』を推進している。「人生100歳時代」の到来に向け、最優の保険商品・サービスを提供することを通じて、元気に長生きするシニアを応援する。その中で、同社が保有する不動産を活用した老人ホームの建設に取り組んでいる。
このたび、同社の社宅の建替えにより、住宅型有料老人ホーム「浦和成匠邸」を竣工した。保有不動産を活用した老人ホームの建設は、2016年の藤が丘(神奈川県横浜市)、2017年の江坂(大阪府吹田市)に続く第3弾となる。「浦和成匠邸」の運営は、 全国326拠点で老人ホームを展開している株式会社ベネッセスタイルケアが行う。「自立」から「要介護5」までの人が入居でき、日中は看護職員が常駐しているなど、安心して利用できる環境を提供している。また、アトリエ、音楽室、キッチンスタジオを備え「こだわりの暮らし」を送ることのできる施設となっている。
〔建物の概要〕
名称    浦和成匠邸
所在地   埼玉県さいたま市南区別所6-4-40
建築    面積960㎡
延べ面積  3,157㎡
規模    地上4階
構造    鉄筋コンクリート造
用途    住宅型有料老人ホーム(54室)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

チューリッヒ・インシュランス・グループ、中野区社会福祉協議会へ390万円とマスク1万枚を寄付

生保

富国生命、フコクしんらい生命、医療機関および医療従事者に寄付を実施

生保

日本生命、「新型コロナウイルス感染症」対策に関する医療機関等への支援

生保

チューリッヒ生命、日本看護協会へマスク2万枚を寄付

生保

住友生命グループ、新型コロナウイルス感染拡大に伴う寄付を実施

生保損保

アクサ・ホールディングス・ジャパン、新型コロナウイルス感染症に伴う社会的課題解決を寄付金で支援

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症拡大をふまえた社会貢献の取組みを実施

生保損保

チューリッヒ生命とチューリッヒ保険、新型コロナウイルス感染症対策として認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズへ600万円を寄付

生損

BNPパリバ・カーディフ、新型コロナウイルス感染症への対応として約366億円を拠出

生保

メットライフ生命、新型コロナウイルス感染の拡大・拡散防止に向けた支援としてマスク10万枚を寄付

関連商品