シンニチ保険WEB

チューリッヒ生命、アドバンスクリエイト社とAPIによるデータを連携

チューリッヒ生命は、乗合代理店である株式会社アドバンスクリエイトと、保険業界において革新的な取組みであるAPIによるデータ連携を行っている。
同社は、5月14日に公表の通り、株式会社アドバンスクリエイトが開発し、複数の保険会社のシステムを結んで運用される顧客管理システムの共通プラットフォームシステム「AdvanceCreateCloudPlatform」とのデータ連携を実現した。そして、その連携方法として、ApplicationProgrammingInterface*(以下「API」)によるデータ連携を採用している。金融業界において、API連携は銀行業や証券業で一般的になりつつあるが、保険業界、特に乗合代理店と保険会社間でのデータ連携において利用される仕組みとしては革新的な取組みであると考えている。
同社では今後、業界を先導しAPIの領域を更に広めて、より便利な機能を提供し、お客様のさらなる利便性向上を目指す。
※システムの詳細については、株式会社アドバンスクリエイトのホームページを参照。
https://www.advancecreate.co.jp/
*ApplicationProgrammingInterface(API):ソフトウェアコンポーネントが互いにデータをやりとりする際に使用するインタフェースの仕様のこと。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

チューリッヒ生命、支払漏れ等が判明し、追加で支払った保険金等の事案を発表

損保

AIG損保、24時間365日対応可能な「デジタル保険金請求」の対象商品を7月30日より拡大

損保

損保ジャパン、AIによる自動応答サービス(AIチャットボット)の対応保険種目を拡大

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した火災保険などの事故受付を開始

生保

第一生命、AI-OCR基盤の導入により事務オペレーションをオートメーション化

生保

メットライフ生命、AI(人工知能)で査定フローを改善

生保

チューリッヒ生命、2019年度決算(案)を発表

生保

チューリッヒ生命、日本看護協会へマスク2万枚を寄付

生保損保

チューリッヒ生命とチューリッヒ保険、新型コロナウイルス感染症対策として認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズへ600万円を寄付

損保

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、保険金不正請求検知ソリューションの運用を拡大

関連商品