シンニチ保険WEB

チューリッヒ保険、チューリッヒ少額短期保険の新商品「ミニケア賃貸保険」の販売を開始

チューリッヒ保険は、5月8日から、チューリッヒ少額短期保険の募集代理店として、同社ウェブサイト(https://www.zurich.co.jp/ssi_kazai/)で、「ミニケア賃貸保険(正式名称:賃貸家財総合保険)」の販売を開始した。
チューリッヒ少額短期保険の最初の商品となる「ミニケア賃貸保険」は、賃貸生活に必要な補償のみをまとめ、年間3,610円からと、お得な保険料設定となっている。
商品の特長として、予期せぬ事故で部屋に住み続けることができなくなった場合は、当座の生活資金として、「生活再建費用保険金」※10万円を支払う。
手続きに関しては、ウェブサイト上で契約者の年代と入居人数の2つの質問に答えるだけで簡単に見積りができ、また申込みや契約内容の変更手続きも、インターネットで完結する。近く、事故受付や保険金支払い手続きにおいても、ウェブサイト上でこれまでにない簡便な方法で行えるサービスを提供する予定。
【ミニケア賃貸保険のポイント】
・申込みはインターネット、支払いはクレジットカードで非対面完結
・契約者の年代と入居人数に答えるだけで簡単に見積り。申込みや変更手続きもインターネットで完結
・年間3,610円からのお得な保険料
・事故で部屋に住み続けられなくなった場合、当座の生活資金として「生活再建費用保険金」※を支払う
※家財補償の対象となる事故(盗難を除く)によって、以下の①や②のような状況が生じて借りている部屋に住めなくなった場合に、復旧までの当座の生活資金として、1回の事故につき10万円をお支払いします。 ①飲み水、電気やガスが供給停止したり排水設備が使用できないなどの状態が30日以上続いたときや、30日以上続くという事実が確認できる場合 ②借りている部屋の室内を修復するために30日以上その部屋で暮らせない場合

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜と株式会社ナビタイムジャパン、「車載ディスプレイ用ポータブルスマイリングロード」提供開始

損保

日新火災、自由設計型火災保険『住自在』のインターネット販売を開始

生保

はなさく生命、特定疾病一時給付保険「はなさく一時金」を発売

生保

ニッセイ・ウェルス生命、宮崎銀行を通じ、『悠々時間アドバンス2』を販売開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、「介護認知症保障プラン」を新設してリニューアル

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、指定代理請求人の指定範囲拡大

生保

住友生命、Vitality健康プログラムにスタートダッシュ特典(リワード)新設

損保

SOMPOホールディングス、アジア太平洋地域の成長戦略、訪日旅行者向け海外旅行保険の新商品「Go JAPAN by TravelJoy」の発売およびデジタル/AIを活用した新たな取組みについて発表

生保

フコクしんらい生命、「認知症予防からのそなえ」軽度介護保障特約の販売開始

生保

フコクしんらい生命、「人生100年時代共創プロジェクト」