新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

エヌエヌ生命、「Social Innovation Relay 2018/19」国内大会を開催

エヌエヌ生命は、このほど高校生のためのソーシャルビジネス企画コンテスト「Social Innovation Relay 2018/19(ソーシャルイノベーション・リレー)」国内大会を開催し、優勝チームを決定した。
当大会は、学生自らが身の回りにおける課題を見つけ、ソーシャルビジネスとして解決すべくアイデアを国内外の高校生たちと競うコンテストとして、2015年より行っている。
大会当日は、全国約122チーム(参加生徒数387名)の中から第一次、第二次の書類選考を勝ち抜いた7チームが会場に集合した。原則8分という限られた中で、ライバル校の学生や教員、3名の審査員を前に、全てのチームとも熱意を持ってビジネスアイデアをプレゼンテーション方式で発表した。
ビジネスアイデアの傾向として、社会の動向を反映し、課題を解決する際にAIやITを大いに取り入れたプランが多く見られた。その中で次の3チームが上位を飾った。
1位 本郷高等学校 「AMOS」チーム (東京都豊島区)
テーマ: 「孤独死予防」
2位 本郷高等学校 「Express」チーム (東京都豊島区)
テーマ: 「林業を救おう!」
3位 旭川大学高等学校 「yumepirika」チーム (北海道旭川市)
テーマ: 「睡眠負債を減らそう」

関連記事(保険業界ニュース)

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

エヌエヌ生命、「トップ・エンプロイヤー・ジャパン2024(TopEmployerJapan2024)」に認定

生保

エヌエヌ生命、「令和6年能登半島地震」の被害に対する義援金の寄付およびボランティア活動推進のための同社従業員の勤務取り扱い変更

生保

エヌエヌ生命、中小企業経営者の事業承継と相続に関する調査

生保

エヌエヌ生命、第2回「夫が社長」妻のつぶやき川柳募集開始

生保

エヌエヌ生命、全国の中小企業経営者の妻の「いい夫婦の日」意識調査を実施

生保

エヌエヌ生命、中小企業経営者と事業承継予定者のアンコンシャスバイアスに関する意識調査を実施

生保

エヌエヌ生命、全国の中小企業経営者の「インボイス制度」に関する意識調査を実施

生保

エヌエヌ生命、中小企業経営者の夫を支える妻の本音を調査

生保

エヌエヌ生命、「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」の改定ならびに具体的な取り組みを公表

関連商品