シンニチ保険WEB

アイペット損保、犬と猫の熱中症に関する調査調査

アイペット損保は、犬・猫(以下、「ペット」)飼育者の1,114名を対象に、ペットの熱中症が増加する夏に合わせて熱中症対策に関するアンケート調査を実施した。
◆調査結果
・ペットも熱中症にかかることがあることを知っている飼育者は約8割
・約2頭に1頭は熱中症の症状が疑われたことがある
・ペットが熱中症にかかる場所は「家の中」が最多
・ペットが熱中症にかかってしまったとき、動物病院に連れて行った経験のある飼育者は約7割
・ペットの熱中症対策として、ペットが留守番中も冷房をつけている飼育者は約8割

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、SMSを利用したオンラインでの口座振替受付サービス開始

損保

アイペット損保、まもなく保有契約件数75万件突破大感謝キャンペーンを実施

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を発表

損保

アイペット損保、うちの子おうちの医療事典』を公開

損保

アイペット損保、ペットのための防災対策に関する調査

損保

アイペット損保、「ペットと共に健やかに ハートフルキャンペーン第2弾」を開始

損保

アイペット損保、「ペットと共に健やかに ハートフルキャンペーン」開始

損保

アイペット損保、保有契約件数70万件突破!ありがとうキャンペーンを延長

損保

アイペット損保、第24回企業電話応対コンテストにて「優秀賞」を受賞

損保

アイペット損保、まもなく保有契約件数70万件突破!ありがとうキャンペーン」開始