シンニチ保険WEB

日本生命が国際金融公社のソーシャルボンドに1億米ドルを投資

日本生命は、国際金融公社(正式名称:International Finance Corporation。以下「IFC」)が私募形式で発行するソーシャルボンドに1億米ドル(約114億円)投資した。この債券はIFCとして機関投資家向けに私募形式で発行する初めてのソーシャルボンドとなる。
この債券による調達資金は、発展途上国において小規模農家からの購入、低所得世帯への公共サービス提供、低所得層が支払い可能な医療サービス、教育または住宅の提供等を行う企業への資金供与に加えて、新興市場において女性が経営する企業に融資する金融機関を支援するために使用される。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、クラウド型経費精算システムを導入

生保

日本生命、「第4回 大阪サクヤヒメ表彰」大賞を受賞

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、社会貢献債(ソーシャルボンド)に投資

生保

第一生命、世界初の禁煙ソーシャル・インパクト・ボンドに投資

生保

富国生命、医療機器分野のベンチャーファンドへの出資

生保

日本生命、グランド・ガーディアン・ライフ・インシュアランス社への出資完了およびミャンマー生命保険合弁事業に係る認可を取得

生保

第一生命、国際復興開発銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへに投資

生保

日本生命とニッセイ情報テクノロジー、2019年度「IT賞」で『IT優秀賞(顧客・事業機能領域)』を共同受賞

共済

こくみん共済 coop〈全労済〉、再生可能エネルギー・インフラファンドへ投資

損保

セゾン自動車火災、鉄道・運輸機構(JRTT)が発行する「サステナビリティボンド」への投資

関連商品