シンニチ保険WEB

日本生命が国際金融公社のソーシャルボンドに1億米ドルを投資

日本生命は、国際金融公社(正式名称:International Finance Corporation。以下「IFC」)が私募形式で発行するソーシャルボンドに1億米ドル(約114億円)投資した。この債券はIFCとして機関投資家向けに私募形式で発行する初めてのソーシャルボンドとなる。
この債券による調達資金は、発展途上国において小規模農家からの購入、低所得世帯への公共サービス提供、低所得層が支払い可能な医療サービス、教育または住宅の提供等を行う企業への資金供与に加えて、新興市場において女性が経営する企業に融資する金融機関を支援するために使用される。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命、療養中の子どものためのプレイルーム『マニュライフわくわくるーむ』を島根大学医学部附属病院に開設

損保

日新火災、ケガの治療に特化した傷害保険「キズいえ~る」を発売

生保

日本生命、2019年度第1四半期の業績を発表

生保

東京海上日動あんしん生命、京都大学と新たなニーズに対応する保険商品を共同で開発

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、インド・マックス生命とMFS社における株式の交換および一部を売却

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況を発表

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

生保

日本生命、「消費増税」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、2019年度基金募集を完了

関連商品