シンニチ保険WEB

8517
心配事を民事信託で解決するシリーズ

後継ぎ遺贈も可能!! 民事信託!!

一般社団法人ほほえみ信託協会 理事 田口 多津著

事業承継では後継者への自社株移転が必須となりますが、1.贈与だと高額な贈与税、2.売買だと買取り資金や譲渡所得税の発生、3.株式を移転した結果、後継者が暴走した…4.後継者が先に死亡し思わぬ者が株主に…などのリスクが伴います。本書では、民事信託を使って、贈与税がかからず、また、場合によっては移転した株式が戻ってくる方法、さらに、議決権を行使できなくなるリスクの回避方法などをイラストを多用し解説しています。お客様配布資料にも最適です。

本商品単体でのご注文は3冊以上でお願いします。(シリーズ組み合わせ可)

商品番号:8517

B5判/14ページ(オールカラー)

2017年03月発売

定価270

【主な内容】
・事業承継とは何?
・社長の引退と自社株の譲渡はセット
・株の引継ぎに立ちはだかる壁
・遺言書の欠点
・高齢の社長が株を持ち続けるリスク
・民事信託(家族信託)を使って自社株を後継者に移転する
ケース1:基本(議決権や課税について)
ケース2:経営権を持ったまま株価の安いうちに移転する
ケース3:財産が自社株だけのケースで遺留分減殺請求を防ぐ
ケース4:後継者に経営者としての適性がない場合は株を自分に戻す
ケース5:後継ぎ遺贈(後継者を二代指定)

内容見本

 

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD富士生命、『生命保険信託(未来あんしんサポート型)』を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保が「働くエール(所得補償保険)」女性専用募集ツールを開発

生保協会・団体

生命保険文化センター、「e-ライフプランニング」を最新化