新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アクサ生命、東日本大震災から13年、復興支援を継続

アクサ生命は、2024年度も東日本大震災からの復興を支援する「復興支援寄付キャンペーンみらいをつくろう」の継続を決定した。
2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、アクサ生命は「みらいをつくろう」をテーマに被災地の復興と震災の経験から学ぶ取り組みを継続している。これまでの13年間に拠出した支援総額は7億3,650万円となる(2024年2月末時点)。震災から13年が経過し、被災地には解決すべき課題が残されており、またその間も頻発する自然災害に向き合うたびに、震災の記憶を風化させることなく、次の世代に伝承し、減災の取り組みに活かしていくことの大切さを意識する動きが社会に芽生えてきた。被災地に残された課題を解決し、減災に向けて行動を起こそうという動きを後押しするために、以下の復興支援の取り組みを継続していく。
・復興支援寄付キャンペーン「みらいをつくろう」
東日本大震災発災の翌月に、被災地支援を目的に、1件の新契約につき1ユーロ相当の寄付金を会社が拠出する「復興支援1件1ユーロ寄付キャンペーン」を開始した。毎年3月に経営陣が被災地を訪問し、その時々のニーズを伺いながら、支援を継続している。これまでに4億6,300万円を寄付し(2024年2月末現在)、財団法人日本ユネスコ協会連盟(以下「日本ユネスコ協会連盟」)が実施する「アクサユネスコ協会減災教育プログラム」と「災害子ども教育支援」の運営資金に充てられている。
・アクサユネスコ協会減災教育プログラム
自然災害に備えるための教育に取り組む小・中・高等学校、特別支援学校を全国から公募し、活動資金の助成と、被災地での現場研修、東京での活動報告会を通じて減災教育の知見やノウハウを共有するプログラムである。2014年にアクサ生命と日本ユネスコ協会が共同で創設し、各校における減災教育をサポートしている。これまで全国45都道府県から246校、326名の先生方が参加し、各校が実施する減災活動に参加した生徒や地域住民は8万名を超えている。
・災害子ども教育支援
日本ユネスコ協会連盟の「ユネスコ協会就学支援奨学金※1」を通じて、これまでに約2億4,000万円を宮城県・岩手県・福島県の中学3年生291名の高校進学支援のために寄付した。同奨学金制度は2024年より、対象地域を全国に拡大した「災害子ども教育支援」となった。同社は引き続き同支援制度への寄付を通じて、被災地の教育復興支援を行う。
・東北絆まつり(旧東北六魂祭)
2011年から東北絆まつりへの支援を継続している。今年は6月8日~9日に宮城県で開催される「東北絆まつり2024仙台」の支援を予定している。
「すべての人々のより良い未来のために。私たちはみなさんの大切なものを守ります」というアクサのパーパスを体現するために、アクサ生命は地域社会のステークホルダーの皆さまの声に耳を傾け、課題と向き合い、協働して解決を目指すコーポレートレスポンシビリティ(CR)の活動に取り組んでいる。東日本大震災の被災地支援もその一環で継続しているもので、今後も、震災の記憶を風化させることなく、被災地の経験からの学びを子どもたちのより良い未来づくりと、地域社会の持続的な発展に活かす取り組みを継続していく。
【同社が実施してきた主な東日本大震災被災地への支援】
○「復興支援寄付キャンペーン『みらいをつくろう』」を通じた支援
・2011年:被災地の「心のケア」を行う認定NPO法人「世界の医療団」に1,500万円を寄付
・2013年:「ユネスコ協会就学支援奨学金」に3,000万円を寄付
・2014年:「ユネスコ協会就学支援奨学金」、「アクサ ユネスコ協会 減災教育プログラム」へ3,000万円を寄付
・2015年:同6,000万円を寄付
・2016年:同6,000万円を寄付
・2017年:同4,000万円を寄付
・2018年:同4,000万円を寄付
・2019年:同4,000万円を寄付
・2020年:同4,000万円を寄付
・2021年:同4,000万円を寄付
・2022年:同4,000万円を寄付
・2023年:同4,000万円を寄付
・2024年:同4,000万円を寄付(予定)
○「アクサレディスゴルフトーナメントinMIYAZAKI」の開催を通じた就学支援
・2013年:第1回大会からの寄付金1,000万円を岩手県に寄贈・2014年:第2回大会1,000万円を宮城県に寄贈
・2015年:第3回大会1,000万円を福島県に寄贈・2016年:第4回大会1,000万円を岩手県に寄贈
・2017年:第5回大会1,000万円を宮城県に寄贈・2018年:第6回大会1,000万円を福島県に寄贈
・2019年:第7回大会1,000万円を岩手県に寄贈・2022年:第9回大会1,000万円を宮城県に寄贈
・2023年:第10回大会1,000万円を福島県に寄贈・2024年:第11回大会1,000万円を岩手県に寄贈(予定)
○「東北絆まつり」(旧東北六魂祭)開催の支援
・2011年:宮城県・2012年:岩手県・2013年:福島県
・2014年:山形県・2015年:秋田県・2016年:青森県
・2017年:宮城県・2018年:岩手県・2019年:福島県での開催
・2022年:秋田県・2023年:青森県・2024年:宮城県(予定)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、産学連携:上智大学との連携講座を今年度も開講

損保

アニコム損保、親猫にはない新規の遺伝子変異により筋ジストロフィーを発症したネコの症例を報告

生保

ライフネット生命、「東京レインボープライド2024」にブース出展

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

関連商品