新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、「ニッセイアセットおよびニッセイ・キャピタルが国内ベンチャーキャピタルとスタートアップ企業に投資する新設ファンド」に350億円を投資

日本生命は、ニッセイアセット、ニッセイ・キャピタルが新たに設立する、それぞれ国内のベンチャーキャピタルおよびスタートアップ企業に投資するファンドに計約350億円を投資する。
ニッセイアセットが新設するファンド「NISSAY Startup Support FundI」(投資金額300億円、期間20年)は、国内ベンチャーキャピタルが運用するファンドを投資対象とし、EMP※にも資する取り組みとして、優良な新興運用者も含め、幅広く資金を供給する。
※ Emerging Managers Program:新興資産運用業者への運用資金拠出促進を図るプログラムニッセイ・キャピタルが新設するファンド「ニッセイ・ストラテジック1号投資事業有限責任組合」(投資金額約50億円、期間15年)は、国内スタートアップ企業を投資対象とする。同ファンドへの投資では、経済リターンのみならず、投資先との共創を通じた事業シナジー獲得を追求し、投資活動を通じて日本生命グループにおける新規事業のシーズや保険事業高度化に資する先端技術を探索する。
なお、長期視点での国内スタートアップ市場の拡大に貢献すべく、両ファンドとも、一般的なベンチャーキャピタルに比べて長めの運用期間を設定している。
ニッセイアセットは、国内外のオルタナティブ領域における豊富な経験と優れたファンド選別力を有し、預かり資産残高は約34兆円と国内有数の規模を誇っている。また、日本生命は、1991年のニッセイ・キャピタルの設立以降、同社を通じて1,000社超のスタートアップ企業に投資(うち250社以上が上場)するなど、市場環境に左右されることなく継続的に長期資金の提供を行ってきた。
今後は、同取り組みを通じ、国内スタートアップ市場の成長支援を加速させ、日本経済の活性化に貢献するとともに、スタートアップ企業との共創等による日本生命グループの競争力強化を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

日本生命、奈良県と「連携と協力に関する包括協定」を締結

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

生保

日本生命、一時保育マッチングサービス「ちょこいく」を事業化

生保

日本生命、2024年度入社式社長挨拶を公表

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

生保

日本生命、2024年プロ野球「審判員ユニフォーム広告協賛」

関連商品