新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

T&Dフィナンシャル生命は、一般社団法人日本ろう者サッカー協会とオフィシャルパートナー協定を締結している。このほど、同社所属の土屋祐輝氏(人事総務課兼広報課)がトルコ(エルズルム)で3月2日から3月12日まで開催される『第20回冬季デフリンピック競技大会』*(以下、「本大会」)の男子フットサル競技の日本代表選手団に選出された。
本大会は、フットサル競技がデフリンピックの正式種目として追加されて初めての大会。デフフットサル男子日本代表チームは、2023年4月に開催された「第4回アジア太平洋ろう者フットサル選手権」にて3位入賞し、本大会の出場権を獲得している。また、直近の国際大会である「デフフットサルワールドカップ2023」(2023年11月/ブラジル)においても3位入賞の銅メダルを獲得するなど、好成績を収めている。
同社は、引き続き土屋祐輝の競技活動を会社として支援していくとともに、同協会のオフィシャルパートナーとして、ろう者サッカー・フットサルの発展と普及に貢献していく。
*「デフリンピック」:「デフ」とは英語で「deaf(聞こえない人、聞こえにくい人)」という意味で、聴覚障がい者のオリンピックとして4年に1度開催される国際総合競技大会。オリンピックと同じく夏季大会と冬季大会がそれぞれ開催される。なおデフフットサルとは、は聴覚障がい者のフットサルである。競技中は補聴器を外すことが義務付けられていることから「音のないサッカー(フットサル)」の愛称で呼ばれている。ピッチ上ではアイコンタクトや手話でコミュニケーションを取っている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

三井住友海上、「全日本選抜柔道体重別選手権大会」で玉置桃選手が優勝

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

住友生命、男子プロゴルファー蝉川泰果プロとのスポンサー契約締結

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

関連商品