新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、国連責任投資原則(PRI)の協働エンゲージメント「Spring」へ参画

第一生命は、国連責任投資原則(Principles for Responsible Investment、以下「PRI」)が新たに設立した、生物多様性に関する課題をテーマとした協働エンゲージメント・イニシアティブである「Spring」に参画することを決定した。
⚫2023年10月、東京で開催されたPRIの年次カンファレンス“PRI in Person”において生物多様性に関する協働エンゲージメントのイニシアティブ「Spring」が設立される旨発表。
⚫当該イニシアティブは2030年までに生物多様性の喪失を食い止め、回復させるというグローバル目標に対し、機関投資家が最大限貢献することを目的に設立。
⚫生物多様性に関する課題(森林喪失や土地劣化等)をテーマに、当該課題に対する影響が大きい企業を選定し、協働エンゲージメントを通じて、企業の課題解決に向けた取組みを後押しする。
同社を含む第一生命グループは、地球環境への取組みとして、気候変動問題を最重要課題と位置づけており、自然資本・生物多様性の保全についても、気候変動問題と密接に関わる重要なテーマであると認識している。
こうした中、第一生命ホールディングスは、自然関連リスクの体系的な把握・開示に向けたフレームワーク構築を目指すTNFDの理念に賛同し、2022年10月にTNFDの議論をサポートするステークホルダーの集合体であるTNFDフォーラムに参画、2023年12月にはTNFDAdopterに登録した。
同社は、「自然資本の持続可能性向上」を責任投資の重点課題として位置づけており、TNFDに沿った自然関連リスク・機会の分析を実施するとともに、当該分析結果等を踏まえて投融資先企業とのエンゲージメントを行っている。こうした取組みに加え、「Spring」に参画し、投資家声明(Investor Statement)に賛同する事により、責任ある機関投資家として、生物多様性の保全・回復に向けた投融資先企業との建設的な対話をさらに推進し、持続可能な社会の形成に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、「RE100(100%再生可能エネルギー化)」達成企業に認定

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

第一生命、国内金融機関で初となるWELL認証最高ランク「プラチナ」を取得

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

生保

第一生命、「都市の緑3表彰」の支援と募集開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

生保

第一生命ホールディングス、第一生命と第一フロンティア生命における責任投資の中期取組方針(2030年3月迄)を策定

生損

明治安田生命、損保ジャパン、第一生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

関連商品