新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、プロロジスが運用する米国物流特化型ファンドに投資

第一生命は、Prologis,Inc.(以下「プロロジス」)が運用する米国物流特化型ファンド「PrologisTargetedU.S.LogisticsHoldings,L.P.」(以下「本ファンド」)に50百万米ドル(約71億円)の投資を実施した。
本ファンドは、人口が集積し、商業・消費の中心地である米国の主要都市における物流施設を主な投資対象とし、ポートフォリオの管理・入替・リノベーション等を通じて、安定した収益と長期的なキャピタルゲインの獲得を目指している。近年、米国では人口増加やEコマースの拡大等を背景に物流施設に対するニーズが高まっており、同社は今後もこの傾向が継続すると予想している。
同社はこれまでも、中長期的な収益力向上の観点から運用手法や投資対象の多様化を進めてきた。海外不動産ファンドへの投資は2017年度から取組みを本格化し、投資戦略や投資スキームを発展させながら、米国や欧州の分散型ファンドを中心に投資を行ってきた。
今般投資を行った海外におけるセクター特化型のファンド投資は同社として初めての取組みで、市場環境に応じた戦略的な投資が可能になる等、更なる運用収益力の強化を企図している。同社は、今後も多様な投資戦略や手法を活用した海外不動産ファンド投資に積極的に取り組むことで、資産運用収益の向上に取り組んでいく。
【本ファンドの概要】
ファンド名称 PrologisTargetedU.S.LogisticsHoldings,L.P.
運用会社 Prologis,Inc.
投資対象 沿岸部・内陸部の大都市圏など米国の主要都市に所在する物流施設
同社投資額 50百万米ドル(約71億円)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、「RE100(100%再生可能エネルギー化)」達成企業に認定

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

第一生命、国内金融機関で初となるWELL認証最高ランク「プラチナ」を取得

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

生保

第一生命、「都市の緑3表彰」の支援と募集開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

生保

第一生命ホールディングス、第一生命と第一フロンティア生命における責任投資の中期取組方針(2030年3月迄)を策定

生損

明治安田生命、損保ジャパン、第一生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

関連商品