新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、国内機関投資家として初となる賃貸戸建住宅ファンドへ投資

第一生命は、ケネディクス株式会社(宮島大祐代表取締役社長、以下「ケネディクス」)が拠出した賃貸戸建住宅ブランド、「Kolet(コレット)」149戸を組み入れたファンドに対し、約82億円の投資(以下、「本投資」)を実行した。賃貸戸建住宅ファンドへの投資は、国内機関投資家として初めての取組みとなる。
本ファンドに組み入れられた賃貸戸建住宅は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一都三県に所在している。一都三県の賃貸住宅市場では単身者向けの賃貸住宅の供給が多く、子育て世帯やゆとりのある住まいを求める人にとっては、理想的な部屋数と広さが確保された賃貸住宅を見つけることは容易ではないと認識している。
日本では賃貸戸建住宅の普及が進んでおらず、一都三県における新築賃貸住宅に占める新築賃貸戸建住宅の割合は1%程度にとどまっている一方、多様化するライフスタイルを背景に賃貸戸建住宅へのニーズは多く存在していると見込んでいる。こうした中、ケネディクスは、建築価格の高騰、持ち家志向の低下、広い賃貸住宅の不足等といった市場背景から、一都三県で100万戸を超える賃貸戸建住宅の潜在的市場規模があるものと見込んでおり、業界を先駆けて賃貸戸建住宅ブランド「Kolet(コレット)」を展開し、事業規模を拡大している。
これまで、賃貸戸建住宅を対象としたファンドに国内機関投資家が投資をした事例はなく、第一生命が本投資を行うことで、賃貸戸建住宅という新しい選択肢の提供および、賃貸戸建住宅マーケットの拡大の後押しができると考えている。
第一生命はこれまで、生命保険事業をはじめwell-beingに貢献する取組みを行ってきた。今般、賃貸戸建住宅「Kolet(コレット)」への投資を行うことで、子育て世代、ペットと一緒に住みたい人、趣味を楽しみたい人等、多様化するライフスタイルに合わせ、より豊かで幸せな生活を送ってもらう選択肢を提供し、人々のwell-beingに貢献できることを期待している。また、実質再生可能エネルギーを100%使用する「Kolet(コレット)」への投資を通じて、サステナブルな社会への貢献も企図している。
ケネディクスはこれまで、ファンドの資金力を通じて賃貸戸建住宅を数多く供給していくことで、賃貸戸建住宅のポテンシャルを最大限に引き出し、新たな賃貸住宅市場を切り拓いていくことにより、ファンドの投資家のみならず、子育て世帯を始めとする、よりゆとりのある住まいを求める未充足ニーズを発掘し、潜在的需要層にも貢献していきたいと考え、次世代レントハウス「Kolet(コレット)」事業に取り組んできた。
次世代レントハウス「Kolet(コレット)」は、コロナ禍によるリモートワークの浸透や外出制限の中で、人々の価値観が都心の立地より広さや部屋数など、ゆとりある住まいを重視する価値観へと変化した流れを受けて誕生した。原則として一都三県の2~3階建て、LDK以外に3部屋以上完備のゆとりある間取りといった、快適な住空間を提供しているほか、「実質再生可能エネルギー由来電力の供給」「木造住宅による脱炭素社会への貢献」といったサステナブルへの配慮や「ホームIoT導入済みのスマートハウス」による安全性や利便性も提供している。
第一生命とケネディクスは、各々の強みを活かしながら投資・物件拠出を行うことで、賃貸戸建住宅投資に関する優良な投資機会の提供・獲得やノウハウの蓄積を進めていく。
【本投資概要】
出資者 第一生命保険株式会社
出資額 総額約82億円
物件拠出者
ケネディクス株式会社
アセットマネジャーケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社
サブ・アセットマネジャー第一生命リアルティアセットマネジメント株式会社

関連記事(保険業界ニュース)

損保

日本地震再保険、日本国が発行するクライメート・トランジション利付国債に投資

生保

日本生命、「ニッセイアセットおよびニッセイ・キャピタルが国内ベンチャーキャピタルとスタートアップ企業に投資する新設ファンド」に350億円を投資

共済生損

こくみん共済coop〈全労済〉、東京都発行「東京ソーシャルボンド」を取得

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

共済

JA共済連、クライメート・トランジション利付国債へ投資

生保

日本生命、日本政府が発行するクライメート・トランジション利付国債へ投資

生保

第一生命、2024年4月1日付組織改編

生保

第一生命、日本国が発行するクライメート・トランジション利付国債(第1回)へ投資

生保

かんぽ生命、自然に関するスチュワードシップイニシアチブ「Spring」の投資家ステートメントにEndorserとして署名

関連商品