新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、「株式会社SUBARU」が発行する「グリーンボンド」への投資を実施

太陽生命は、ESG投資の一環として、株式会社SUBARUが発行する「第9回無担保社債(グリーンボンド)」(以下「本債券」)への投資を決定した。
本債券の発行によって調達された資金は、サステナブルな社会の実現への貢献を推進するため、ゼロエミッション車の開発・製造などのグリーンプロジェクト等に充当される。具体的には、製品・企業活動のカーボンニュートラル、グリーンビルディング等の事業を対象とする。
なお、本債券のフレームワークは、ICMA(InternationalCapitalMarketAssociation/国際資本市場協会)が定義するグリーンボンド原則2021等に適合する旨、第三者評価機関である格付投資情報センター(R&I)よりセカンドオピニオンを取得している。
<概要>
発行体:株式会社SUBARU
名称:第9回無担保社債(グリーンボンド)
(R&I格付け:A-)
発行総額:100億円
償還期間:10年
SDGs:本債券によって調達された資金は、同社の事業を通じて、SDGsの下記目標の達成に貢献する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、4月1日機構改革

損保

日本地震再保険、日本国が発行するクライメート・トランジション利付国債に投資

生保

太陽生命が協賛するジュニアアイスホッケースキルアップスクール(アイスホッケー教室)3月2日に京都府宇治市で開催

生保

日本生命、「ニッセイアセットおよびニッセイ・キャピタルが国内ベンチャーキャピタルとスタートアップ企業に投資する新設ファンド」に350億円を投資

生損共済

こくみん共済coop〈全労済〉、東京都発行「東京ソーシャルボンド」を取得

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

共済

JA共済連、クライメート・トランジション利付国債へ投資

生保

日本生命、日本政府が発行するクライメート・トランジション利付国債へ投資

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

関連商品