新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、車いすテニスのジュニア選手を世界の舞台へ「かんぽ生命presents次世代特別強化支援プロジェクト」実施

かんぽ生命は、一般社団法人日本車いすテニス協会(以下「JWTA」)とともに、車いすテニスのジュニア選手を海外で開催される大会へ派遣し、世界に通じるトップアスリート育成を目指す特別強化支援プロジェクトを今年度新たに立ち上げた。
かんぽ生命では、これまでJWTAのトップパートナーとして、車いすテニスのジュニア選手たちを応援しており、主に国内のジュニア大会等への支援を行ってきた。世界で目覚ましい活躍を見せている先輩プレーヤーの背中を追って、世界で活躍することを目標にしている選手が多い一方で、ジュニア選手が自ら海外の大会に参加することは非常にハードルが高く、ほとんどの選手が国内での練習や大会参加に留まっているのが現状である。こうした状況をふまえ、ジュニア選手たちに世界へ羽ばたく第一歩となる機会を提供したいという想いで、本プロジェクトの立ち上げに至った。
本プロジェクトでは、今年度より「KAMPO JUNIOR OPEN 2023」を新たに開催し、この大会結果に加え、ITF(国際テニス連盟)BOYS/GIRLSシングルスランキングを考慮して選手を選考し、海外の試合に派遣する。このたび15歳の2名の選手が、12月にトルコで開催されるITF大会に出場し、世界の舞台にチャレンジすることとなった。
■橘龍平選手(千葉県浦安市/15歳)
・KAMPO JUNIOR OPEN 2023 優勝
・ITF BOYSランキング 18位
<コメント>
「友人のお兄さんに誘われて、車いすテニスを始めました。今回、トルコに遠征し海外選手と戦える機会を頂けて、とても嬉しいです。全力でプレーしてきます!目標は、ITF BOYSのランキングで10位以内に入り、世界ジュニアマスターズ、USオープンジュニアに出場、優勝することです。2028年のパラリンピックに出場することも目標です。」
■矢野蒼大選手(福岡県飯塚市/15歳)
・KAMPO JUNIOR OPEN 2023 準優勝
・ITF BOYSランキング 27位
<コメント>
「小学4年生の頃、車いすテニスをしている人に声をかけてもらったことがきっかけで、車いすテニスを始めました。今回このような機会を頂き大変嬉しく思います。選ばれたからには全力でプレーし、自分の成長へとつなげていきたいです。将来の目標は、地元飯塚で開催されているジャパンオープンで優勝することです。」
【かんぽ生命presents次世代特別強化支援プロジェクト】
JWTAナショナルコーチ帯同のもと、海外ITF大会へジュニア選手を派遣する。
海外ITF大会での試合経験を積むことにより、ITF BOYS/GIRLSシングルスランキング向上、更にはジュニアトップの座を目指す。
海外遠征での注意点やマナーについても実践として学ぶことにより、「心・技・体」すべてにおいて世界に通じるトップアスリート育成を目的としている。
<派遣大会(予定)>
BELEK OPEN  2023年12月1日~4日トルコITF Futures Series
SAHINLER OPEN  2023年12月5日~8日トルコITF Futures Series
【KAMPO JUNIOR OPEN 2023 開催模様】
2023年8月25日~27日に福岡県飯塚市で開催し、全国各地から男女13名のジュニア選手が集まり、熱戦を繰り広げるとともに、選手同士の交流を深める場にもなった。
かんぽ生命では、今後も、ジュニア選手の育成等を通じた車いすテニスの支援を行うことで、あらゆる人が自分らしく活躍できる社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「シャレン!で献血」献血協力者数が1万人を突破

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー・菅沼菜々選手が100万円を日本パラスポーツ協会へ寄付

生保

マニュライフ生命、第18回エコノミクス甲子園全国大会長崎大会代表の長崎県立佐世保北高等学校が初優勝

生保

太陽生命が協賛するジュニアアイスホッケースキルアップスクール(アイスホッケー教室)3月2日に京都府宇治市で開催

生保

かんぽ生命、ラジオ体操・みんなの体操会の開催地・日程を決定

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

関連商品