新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

チューリッヒ保険、京都銀行と提携し口座保有者へダイレクトメールによる傷害保険の案内を開始

チューリッヒ保険は、京都銀行と提携し、8月10日から、同行の預金口座所有者に対し、ダイレクトメールによる傷害保険の案内を開始した。
チューリッヒ保険は、銀行やクレジットカード会社など多くの会員顧客を持つ企業と提携し、ダイレクトメールを中心とした通信販売の手法で傷害保険を案内するというビジネスモデルを展開している。
これまでに提携した企業は約100社となり、このうち銀行との提携は36行となる。京都銀行では、お客さまのライフスタイルが多様化するなか、非対面施策を活用して、より多くのお客さまとの接点を拡大したいとの意向により、今回の提携に至った。
今回の京都銀行との提携では、同行の預金口座所有者に順次ダイレクトメールにて傷害保険を案内。申込書を返送するだけで、月々1,000円から加入でき、最高1億円の賠償責任危険補償(示談交渉サービスつき)や死亡、入院・手術などの補償を受けることができる。夫婦で補償されるプランも併せて加入できる。
これにより同行は、窓口におけるコンサルティングに加え、来店の機会が少ないお客さまへも保険商品を案内することが可能となり、お客さまの利便性とロイヤリティの向上が図られることとなる。
チューリッヒ保険は、今後も提携企業との通信販売の手法による傷害・医療保険の拡販を進めるとともに、「明るい未来を共に創造する」というパーパスのもと、お客さまにとってより価値のある魅力的な商品やサービスの提供に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

大同火災、テラモーターズと業務提携契約を締結

生保

ネオファースト生命、INTLOOP株式会社との業務提携によるフリーランス向けの生活保障に関するコンサルティングと保険の提供開始

生保

住友生命、ヘルスケアテクノロジーズが資本・業務提携契約を締結

生保

かんぽ生命、聴覚障がい・発声障がいのあるお客さまへ手話通訳サービスを開始

生保

PGF生命、新たにSMBC日興証券と提携

損保

大同火災、株式会社KAFLIX CLOUDとの共同プロジェクト発足および覚書(MOU)締結

生保

東京海上日動あんしん生命、アドバンスクリエイトとの協業による「アバター」を活用したお客様対応スキームを開始

生保

かんぽ生命、アフラック生命、Aflac Ventures Japan株式会社及びHatch Healthcare株式会社による業務提携を開始

損保

SBI損保、ARUHIと業務提携へ

損保

チューリッヒ保険、HDI-Japan認定格付けで事故初動対応部門が2年連続で最高評価の三つ星獲得

関連商品