新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパンとSOMPOひまわり生命がSOMPOアルムナイコミュニティに参画

損保ジャパンとSOMPOひまわり生命は、SOMPOホールディングスが創設したSOMPOアルムナイ※コミュニティ(以下「本コミュニティ」)に、5月1日から参画する。
※アルムナイ(Alumni):企業における退職者
SOMPOグループでは、社員一人ひとりのMYパーパス※追求をグループ全体における人材戦略の土台とし、その実現に向けてグループ共通で「セルフ・ドリブンなキャリア形成」を推進している。
※MYパーパス:人生において自らを突き動かすものは何か、自分がどうありたいのか、という「想い」や人生における「使命」を表現したもの。
近年、キャリア採用市場の拡大などにより、働く人のキャリア形成における意識は従来のものから大きく多様化している。SOMPOグループが取り組んでいる社員一人ひとりのMYパ―パスの追求においても、自己実現に向かって社員が働く会社を越えてチャレンジすることもありうる状況に変化してきた。SOMPOグループは、MYパーパスに基づくそのようなチャレンジを行った結果、退職した元社員を貴重な人的資本であると捉え、“アルムナイ”としてSOMPOグループとの関係を維持し、互いにコミュニケーションを取り、情報共有し合えるネットワークを構築するため、本コミュニティを2022年10月に創設した。
●SOMPOアルムナイコミュニティの目的
本コミュニティの参画会社を、SOMPOホールディングス、損保ジャパン、SOMPOひまわり生命の3社に拡大することで、以下の目的実現を目指す。
○SOMPOグループ
即戦力となる人材の確保や、新規事業創出、協業など中長期的な人的資本としての活用。
○アルムナイ
SOMPOグループおよびアルムナイ同士のネットワークの構築、SOMPOグループへの再入社をはじめとしたキャリアの選択肢の拡大など。
今後については、アルムナイ登録者数の拡大によりSOMPOグループにおける人材エコシステムの構築を目指す。また、アルムナイの人的資本としての活用のための具体的な取組みとして、キャリア採用ポストの情報や、グループ内で展開している立候補制度による公募ポストの情報を本コミュニティでも開示し、外部の知見・ネットワークを保有するアルムナイの応募・再雇用も目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)の理事長、一般社団法人日本ヒーブ協議会の代表理事に同社職員が就任

生保

イオン・アリアンツ生命、「お客さま本位の業務運営基本方針」の2023年度取組結果を公表

生保

かんぽ生命、執行役に対する報酬制度改定

生保

SBI生命、2023年度「顧客中心主義に基づく業務運営方針」にかかる取組結果を公表

損保

損保ジャパン、秋田銀行を通じた「事業継続マネジメント簡易診断サービス」の提供開始および「BCPセミナー」開催

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、業務改善計画の進捗状況(開示事項の経過・2024年5月末時点)および保険料調整行為に関する社外調査委員会による調査報告書を受領

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

生保

SOMPOひまわり生命、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う情報漏えいが発覚

損保

SOMPOホールディングス、100%子会社フレッシュハウス社の全株式を、アークホーム株式会社へ譲渡

関連商品