新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、レゾリューションライフに追加出資

日本生命は、レゾリューションライフグループホールディングスリミテッド(以下「レゾリューションライフ」)に出資する投資事業有限責任組合に対し、10億米ドル(約1,300億円※1)を上限とする出資を行うことを決定した。
同社は、グローバルに既契約を受託する保険会社グループであるレゾリューションライフに出資する投資事業有限責任組合に対し、2019年以降、累計6.5億米ドル(約700億円※2)の出資を行っている。今回の追加出資により、同社の累計出資額は16.5億米ドル(約2,000億円)となる見込みである※3。なお、同出資は、一連の認可取得を経て、2023年下半期の実行を予定している。
レゾリューションライフは、2022年10月、グローバルに事業展開する資産運用会社ブラックストーンインク(会長兼CEO兼共同創業者:スティーブン・シュワルツマン、以下「ブラックストーン」)と戦略的提携を行い、同社へのプライベートクレジット、不動産、資産担保証券等の特定領域の運用資産の委託、ならびに、両社による30億米ドルの新規資金調達計画を発表している。なお、資金調達完了後のレゾリューションライフの累計資金調達額は、今回の同社出資額も含め約80億米ドルとなる見込みである。
同社は、両社の戦略的提携はレゾリューションライフの成長および発展に寄与するものと考えており、今後もブラックストーンとともに、レゾリューションライフのさらなる成長および発展に貢献していく。また、同社は生命保険会社の社会的使命として、お客様への保障責任を全うし、安心を提供できるよう収益性向上に努めており、同出資を通じた契約者利益の拡大を図っていく。

※1 為替レート 1 米ドル=132.70円 (2022年12月30日時点)
※2 出金時の為替レートで計算した実績円貨の合計
※3 日本生命が今回出資する投資事業有限責任組合は、レゾリューションライフとブラックストーンの戦略的提携に際し新設された BLACKSTONE ISG INVESTMENT PARTNERS – R (BMU) L.P.(以下「当組合」)となる。
当組合設立に伴って、同社の既存持分6.5億米ドルの出資先である投資事業有限責任組合 Resolution Life Group Holdings L.P.は清算されるが、当該既存持分は当組合に移行し、同社が継続保有する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

生保

日本生命、株式会社ニチイホールディングスの株式取得完了

生保

「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた同社取組状況を発表

生保

日本生命、「ニッセイ・アルムナイネットワーク」が発足

生保

日本生命、株式会社第四北越フィナンシャルグループとの地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定を締結

生保

日本生命、よい仕事おこしフェア実行委員会との地域社会の発展に寄与するための「包括的連携に関する協定」を締結

生保

日本生命、ニッセイサステナプロジェクト「にっせーのせ!」スタート

関連商品